飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

へっぽこ母さんが、働いたり育児したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

ゴーストインザシェルを観てきました。




公開したても手伝って、新宿TOHOでは4スクリーンを使って上映。通常(2D)に加えIMAXやMX4D での上映もありましたが、私が観たのは普通の2D上映バージョンです。午前中の回でしたが、満席。




映画を観た感想ですが・・・・
「やっぱり押井攻殻はすごいんだなぁ!!」


※押井攻殻
1995年に公開された押井守監督の映画「GHOST IN THE SELL/攻殻機動隊」のこと。この映画の元になったアニメ映画。まだ観てない方はぜひ!! 





もうね、「あのシーンとか、あのシーンとか、あのシーンを作ってみたかったんだろうなぁ」と。でもね、"押井版の方がすごい"のよね。重厚感が違うというか・・・・。そもそもアニメと実写じゃ表現手法として違うから、好みの問題であって比べること事態がおかしい話なのかもしれないけど。

ただ、あれだけゴリゴリCG使われてて"実写"という括りは、はたして…みたいなのもちょっと思った。

以下、重箱の隅だったり、ネタバレを含んでいるかもしれないので、
私のつたないスカヨハ少佐おいてきますので、ここまでにしてください。








































そろそろいいですかね?














:感想:
・押井攻殻+SACのスキなところ集めてみました感
・ストーリーをわかりやすくしたのは良かったけど、"ゴースト" "インザ" "シェル"としてのアイデンティティがなくなっているような。
・アクションが全般的にかっこよかった。 
・人種、性別に配慮したハリウッド的9課編成。 
・野良バセットの名前が「ガブリエル」って!。
・モモーイ!(・∀・)
・荒巻のほうがよっぽど悪人にみえるの気のせいかな?(アウトレイジのせいです)
・エンディング!エンディング!!!


この映画、押井攻殻もSACも全く知らない人が見たらどんな感想をもつのでしょうか。それがとても気になる。。。
(・・)みたいな顔になりゃしないだろうか。
"サイボーグ女子の自分探し物語"とか思われてないだろうか。いや、間違っちゃいないのだが…

::重箱の隅::
・街中の巨大ホログラム広告、意味不明なものが多い。街中を泳ぐ巨大錦鯉ホログラムとか、ワイン(らしき色のついた液体)を器に注いで、それが器から溢れて、下の人にドバーッとかかってる巨大ホログラム広告・・・ってお前ら何屋の広告だよ!!
・"高級大飯店"っていう巨大ネオンのもつ「絶対あいつ高級じゃない」感(チープさ) すごい。
・荒巻は日本語で、9課メンバーの返事は英語って・・・。電脳には翻訳こんにゃく成分配合??
・オープニングの「義体ができるまで」ですが、さすがに重力に逆らう液体は「アレどうなってるんだ?」ってなっちゃう。
・少佐の髪はもうちょっと毛量多目がよかった


ゴーストインザシェルを見終わってから、新宿の街を少しプラプラしたんですが、「(物語の舞台の)あの街は、香港と新宿のハイブリッドみたいな街だな」と思ったのでした。


今回は字幕版を観たんですが、ぜひキャストにこだわった(アニメ版と同一の)吹き替え版も観たいですねー。 

今回字幕を選んだのは、押井攻殻を初めて観たとき、一回観ただけではサッパリわからなくて、二回見てもヤッパリよくわからなくて、三回目にインターナショナル版(英語版)を日本語字幕で見て、ようやく"ナントナク"わかって・・・という感じだったので、今回は字幕版から観ることにしてみたのでした。
 

先日、子どもたちと映画館で映画を観てきました。
4歳と2歳の映画館デビューです。


観てきたのは「映画プリキュアドリームスターズ」





家のNetflixでトッキュウジャーの映画やしまじろうの映画を観ているので、「1時間の映画くらい、おとなしく見てくれるだろう」と思っていたのですが。。。。甘かった


まず、大きな失敗として開場してすぐに劇場に入ってしまったこと。
なんとなく開演ギリギリで劇場いりしてバタバタするのもな・・・と思ったので開場してすぐ入ってしまったのです。そうです、大事なことを忘れていたのです。



世間は春休みなんです!!!
ねーもー びっくりしたよ。

そんな春休みのちびっこを狙って、流れる流れる広告が。。。。。
映画の宣伝だけじゃなくてリカちゃん人形などの玩具の宣伝も流れます。

結局、開演時間を20分以上過ぎても本編は始まらず・・・・つまり入場から30分以上も広告動画を見せられているわけで…
「プリキュアまだ?」を劇場中の観客に聞こえるくらいのボリュームで繰り返す4歳に、完全におねむモードでぐずりだす2歳。あーぁ…やっちまったい。

image



集中力を無駄遣いした4歳と2歳。。。。
それでも、入場時に配られたミラクルサクライト(うさぎのモチーフのついたピンクのライト。これを劇場でふるとプリキュアが元気になる)を振って、それなりに楽しんでいた模様。

ですがやっぱり集中は続かず、4歳は後半完全にダレておりました。

image




逆に2歳は前半ちょっと寝てたんでシャッキリしたのか、前の席に乗り出してミラクルサクライトをぷりぷり降っていました。

image



おかげさまで母は内容をあんまりよく覚えていないよ・・・。
すごく疲れたよ・・・。
いい経験になったよ・・・。


ちなみに、さんざん帰りたいと宣っていた長女は、いざ映画が終わって劇場から出たら「今度はドラえもん観に来ようね」と言っていたので、"映画館で映画を観ること"は嫌いではない様子。

家で観る映画もいいけど、映画館でみる映画もいいもんだ、と思って貰えたら嬉しいな。


先月末から、長女次女と続いてインフルやらRSウィルスやらと風邪でバタバタしておりまして、ちょいちょい実家の母にヘルプで来てもらっていたのでした。

そんなときに母から言われたのが「洗濯の仕方が悪い」



image




母はやり過ぎなのか、普通なのか、普通より手を抜いている方なのか・・・本当はどのくらいが適当(適している)なのでしょう。


実は最近、上履きも洗濯機に放り込むようになっています。

えぇ、もちろん実家の母には内緒です。
 

I Can't Stop The Loneliness ど〜ぉしてなぁ〜の イヤイヤが〜と〜ま〜ら〜な〜い 〜〜♪


という歌でもうたってないとやっていけないくらい、次女のイヤイヤが佳境に入ってまいりました。


いやー。長女の時に比べると次女のイヤイヤは穏やかだなぁ、と思っていたんですが、違いました。まだ序の口なだけでした。
また、イヤイヤの仕方(イヤイヤ発火ポイント、こだわる点など)が長女と次女では異なり、今まで次女の育児を楽にしてくれていた「一回経験しているから対処は心得たもんですよ」が発動しません


先日も保育園からの帰りに「スタートの仕方が悪い」という理由で、すでに半分の行程をすぎていたのに保育園まで戻らされました。
(ええ、イヤイヤポイントが判明するまで泣き叫んでました。はい、閑静な住宅街で)


長女の時は一度火がついちゃうと五体投地で抵抗するという点では大変でしたけど、発火ポイントが「公園から帰りたくない」とか、すごく分かりやすかったんですよね。 


次女は謎。 

長女と二人で「今日はなんだー」と言いながらイヤイヤポイントを探ってます。


今次女はイヤイヤ期ってメタルロックバンドのヴォーカルなんですよきっと。元ネタ→「むすメモ!
これはもう「IYA!IYA!KI!!」Tシャツを着るしかないな。





そんなわけで次女がボーカルで私と長女がスタッフ。この"スタッフ"ってのが大事。






SINGを見てきました。

久しぶりに予告編をみて「見たい!!」と思った映画。
今月の母休みを使って、早速観てきました。

思ったこと垂れ流しで書いているので、ネタバレも含んでおります。
まだ観てない、見る予定がないという方は、この映画の萌ポイントとブナンな感想を置いておくので、ここで引き返しをお願いします。


::全体の感想::
楽しい映画でした。おそらくDVDは買う。
今回観たのは吹き替え版だったのですが、英語版も見たい。 


image




























そろそろいいですかね。




























 




:重箱の隅をつつく的な感想:
バスター(コアラ)の動機がよくわからない。
「潰れかけの劇場の主が、一般人を集めてオーディションしてみました」というストーリーのレールの上を滑っている感じ。なんでオーディションをやろうと思いついたの?なんかこう・・・・説得力がたらないというか・・・。
他のキャラはね、あるんですよ。「自分を変えたい」「変わりたい」「チャンスを掴みたい!!」という動機があって、オーディションに参加している。でもコアラはなんかぼやっとしてるというか、ストーリーを進めるためのナレーターみたいな、進行役みたいな、そんな存在感。むしろあの流れだったら洗車屋で御殿建てるエンドになったっていいくらい。個性の強いその他のキャラクターたちを引き立てるために、バスターのそういった動機部分がカットされたのかもしれないですね。または、私が鈍感すぎて気が付かなかったか。
小説版読もうかな・・・
ウッチャンの吹き替えは悪くなかったですよ。さすが、コントでたくさんのキャラを演じてきただけのことは有ります。

自分の立場と似ているのでついつい応援してしまうロジータ。舞台の練習のために子どもを預けて参加しようとしますが、子供の数が25人と大所帯なため、シッターに断られてしまいます。そこで、「全自動母業マシーン」なピタゴラ装置を一晩で作り上げてしまうのですが・・・・ロジータ、歌の才能だけじゃなくてDIYの才能もあるな。というか、そのDIYの才能の方がお金になるんじゃないの??基本的に内装のリフォーム程度なら自分たちでやってしまう欧米の人たちにとってはあまり貴重な才能じゃないのかな???

エディ(羊)かわいい。KING OF ボンボンだった彼が、友人のために一肌脱いだり(文字通りの意味でもね)、舞台の裏方の仕事をしたり。今回の件で一番成長したのはおそらく彼。

崩れた劇場を直すシーンの時のBGMが「アンダー・プレッシャー」だったの。好きよ、こういう使い方。
 

は?サントラは日本語版出てないの??
アレだけのメンツに歌わせておいて?!
えー(←残念そうに)
えーーーー(←諦め切れない感じに)
えーーーーーーーーー(←ブーイングの意味を込めて)

 



 

このページのトップヘ