飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

へっぽこ母さんが、働いたり育児したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

今更攻殻機動隊SACを初めて通しで観て、思ったことなどをつらつら書くシリーズです。 

攻殻ってなに?という人を完全においてけぼりにする内容です。 
 

今回はお嬢さんが主役(?)な話2本。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第十二話 タチコマの家出 映画監督の夢

<あらすじ>
タチコマが街で出会った少女とロッキー(犬)を探します。

image


<感想>
最初、ミキちゃんは絶対スパイだと思った。。。
あんな場所に少女がひとりでいることが不思議だし、コドモトコが監視してるし。「さぁいつ尻尾を出す!!」と思いながら見てたよ。
普通に「ロボットと少女の心あたたまる話」だったわけですが。

余談ですが、ミキちゃんの持っていたリードから、ロッキーは小型犬と思われ。
そして、ロッキーと名前がつけられる小型犬は小型のテリア犬につけられることが多い(キョウコ調べ)ので、私の予想ではロッキーはヨークシャテリアまたはケアンテリアではないかと推察します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第十三話 ≠テロリスト

<あらすじ>
16年前に誘拐された社長令嬢エカが見つかったんで、9課が回収に行きました。

<感想>
トグサよりも年下には全然見えないほど、老けた状態で発見されるエカ。
image


誘拐され、16年後に彼女の娘が組織のリーダー的な位置にいたことを考えると、エカが生き残る(命をつなぐ)ために選んだ手段は、"組織内の有力者に可愛がられる(女になる)
こと "だったのではないか。そのために彼女は、自分で自分の魂を殺したのではないか。。。令嬢だった時代は賢く聡明に生きてきた娘が、テロリストの虜囚になり、どんな屈辱に耐えてきたのか・・・。
年相応の義体にして、第二の人生を歩いてほしい(なんの解決にもなっちゃいないが)と思わずにはいられないのであります。

「もっとせんそうしたいよぅ!」のタチコマには、かわいい!と思っちゃいけないんだけど可愛いと思ってしまう・・・危険だ。危険だタチコマ。

先日夫がブルートゥーススピーカー(無線で繋げられるスピーカー)を買ったのですが、こいつが不意に喋りだすんで超ホラー。



しかも"電源切ってあるはず"なのにも関わらず。
しかも日本語ではないっぽい言語を。


まさに"電波受信してる"のか??

今更攻殻機動隊SACを初めて通しで観て、思ったことなどをつらつら書くシリーズです。 

攻殻ってなに?という人を完全においてけぼりにする内容です。 


今回は殺し屋さんが活躍(?)する話2本。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第九話 密林航路にうってつけの日

<あらすじ>
生きたまま生皮を剥がす生業のオッサンを、バトーさんが追いかけます。

<感想>
バトーさんの男道が堪能できました。かっこいいよバトーさん・・・。でもせづねぇ…。
ホント、CIAのあいつらは国際問題にならない程度に踏んづけておやり!
それはそうと、攻殻SACのなかでは随一の胸糞悪い一本でした。これはアニメの世界ですが、実際の戦場でも、このような"戦意を喪失させる手段"は実際に行われているのがまたね…。
CIAコンビのサトウスズキとワタナベタナカ、違和感しかない名前ですが、対戦前に米帝に渡った日本人が、自分の子どもに故郷をお壊せる名前をつけたのかと思うと感慨深い・・・けどやっぱり踏んづけておやり!!


image
ワタナベ タナカさん。「ドーモドーモ」






第十四話 全自動資本主義 

<あらすじ>
硬貨を銃弾代わりに吹っ飛ばす生業の女を、9課で追いかけます。 

<感想>
殺し屋のお姉ちゃんがかわいいです(義体なので実際の年齢・性別は不明)。でも武器が硬貨なので、どうしても「銭形平次…」と思ってしまう。

資産家の家のロボ犬を手なづけバトーさんにホッコリ(*´Д`*)。そういえば映画では犬飼ってる設定でしたね。

そしてラストの、電源を切ったはずのPCが、株を勝手に買うシーン(ハッキングされてるっぽいシーン)。あれ、どこに繋がってるの???それとも、死後も稼働してる金儲けシステムの一端??
そこがちょっと謎でした。





次女は赤ちゃんのころから頭髪が薄く、髪も伸びず、3歳を目前に控えた今も見た目は"ぼうや"。
ピンクを着せてもスカートをはかせても"男の子っぽさ"が際立ちます。


最近、ようやく髪の量が増え、長さも出てきたのですが・・・

image


image

image




重力に逆らって伸びてるし・・・







今更攻殻機動隊SACを初めて通しで観て、思ったことなどをつらつら書くシリーズです。 

攻殻ってなに?という人を完全においてけぼりにする内容です。 

今回は臓器密売に絡む二本。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

第八話 恵まれし者たち

<あらすじ> 
温室育ちのボンボンたちが、いけない商売を覚えちゃったので、素子がとっちめます。


第十九話 偽装網に抱かれて

<あらすじ> 
若くて生身のピチピチした女性たちを、
御歳80を超える全身義体のピチピチばあさんがさらいます。


<感想> 
どちらも臓器密売に絡んだ話ですが、話を聞いててビックリしたのが、この時代の価値では

義体>臓器移植 

なこと。臓器移植って今でも結構な金額かかるし、その後のケア(移植した臓器が拒否反応しないようにするとか)が大変なんですが、全身義体の技術が確立してる攻殻の世界では、"義体化するより安くすむ"技術なのね…。


クローン技術を使った(と思われる)臓器生産技術もあるのに、生身の(それも女性の)臓器が人気あるのは、いつの時代も"やっぱり養殖より天然物に限るなぁ"みたいなことなのだろうか。

そして8話に登場するジェイムスン型義体を愛用する社長…。
リモート義体ではなく自分の姿を四角い箱に納めるとは…。肉体の死が人間の死ではないって、すごい世界だなぁ。

このページのトップヘ