飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

フルタイムで働くアラフォーが、母したり妻したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

毎日の献立に悩むタイプです。

私のおかずの組み立て方として、メインに肉か魚の料理。そして、副菜2品なのですが、この副菜2品が毎度私を悩ませます・・・・。
仕事を終えて家に帰ってから作るとなると、準備をふくめてけっこう大変でして。最近ではお味噌汁の具は予め切って冷凍したり、生協のお惣菜を活用したりしていますが、もうちょっとレパートリーが欲しいところ。

そんなわけで特に深く考えず、本屋の料理本コーナーにおいてあった人気だという作り置きレシピ本を買ってみたのですが、野菜をつかった作り置きレシピが、ほぼマリネだったという・・・・


image



確かにね、日持ちしますし。マリネなら。
でもそんなにマリネばっかりいらない・・・。レパートリーを増やしたいのに、なんだろう、このレパートリー増えてない感・・・・。




そんなわけで、再度本屋を物色して、出会ったのがこの本でした。

image



どうです、このいさぎよさ


この本、たしかに主題はひとつの野菜で作るおかずなのですが、ページの反対側には「その主題おかずでつくるアレンジレシピ」が掲載されていて、作り置きの欠点である「何日同じもの食べりゃいいんだ問題」も解消されるという・・・・素晴らしい作りになっております。


image



久しぶりに、「私が欲しかったのはこういう本!!」というものに出会えました。

嬉しかったのでカキコ。




庄司 いずみ
世界文化社
2017-09-09
















トップ画像を
・PC版クリスマスバージョン
・スマホ版 ウサギバージョン
に更新しました。 


2017冬-1



2017冬スマホ用


変わってないよ?という場合は、ブラウザの「更新」をしてみて下さい。



今回もRiboncaさんの素材を使わせていただきました。
絵日記かいてるくせに、トップ絵は素材使ってるっていう・・・・




先日、夫に子供二人をインフルエンザの予防注射に連れて行ってもらったのですが・・・
その時の話。


最初に長女が注射を射たれ、長女は(本人曰く)「ちょっとだけ泣いた」のですが、次女は注射されてもまったく泣かなかったそうで。

「すごいね〜」と夫がびっくりしていたところ、返ってきた答えが

image



どうです、この女子力!!




下の子特有の甘え上手なところはありますが、それでもよくもまぁそんな言葉が出てくるなと。
「あなたと一緒だから私は大丈夫」なんてセリフ、私なんか三十ウン年生きてて、一度も言ったこと無いよ!!!多分これからの人生でも言わないよ!!!!


8月に「週一回ジムに通っているが痩せない」という記事を書きました。

そのなかで、次女の七五三の時までには結果をだしていたい(痩せていたい)から「やり方を変えた」と書きましたが・・・・




結果、出ませんでした。


相変わらずの体重キープっぷり。
痩せないことにかけては、もうスペシャリストを名乗っていいレベルですよここまで来ると。




image



そんなわけで、更なる見直しです。


週一回のジム通い程度の運動では焼け石に水

ということがよくわかった結果になったので、さっそくワークアウトアプリを入れてみました。
そんなわけで、ほぼ毎日ヨガしてます。

image


まだ初級の初、青葉マークなプログラムで時間も短時間(10〜15分程度)ですが、それでも効いている実感がものすごくあります。
子どもたちはヨガのポーズが面白いらしく、私のワークアウトを観ながらゲラゲラ笑っていましたが、最近では真似してくることも。


このヨガ、初めてまだ間もないのですが、ナニゲに体重がゆるゆる減ってきました。

結果がではじめると嬉しいなぁ〜。くれぐれも「生理周期(ホルモンバランス)による体重の減」ではありませんように・・・。





対照的だった、長女と次女の七五三。



長女のときは、衣装選びの際にイヤイヤ発動でまったく試着をしてくれず。
衣装店のベテラン店員さんがサササッとあわせてくれたものでなんとか選んだのでした。
image


ところが本番では試着のときのイヤイヤはどこへやら。
自分から袖に手を通し、七五三のために集まったじじばばに自分の晴れ姿をしっかりアピールしていました。
ご祈祷のときもしっかり神主さんの祝詞を聞いていました。
image



かわって次女。
試着時は自分から進んで何着も着て、着たらポーズをとって写真にうつるまでをやってのけました。
着物をお姫様の衣装と思っているらしく、七五三まえには「おひめさまになるのよ」と嬉しそうにしていました。

image

七五三当日では衣装に袖を通す前から不機嫌発動。最近は下火になっていたイヤイヤまで出てきて、「全部終わったら風船買ってあげる!」と神社の境内に出ていた屋台をダシになんとか着てもらいました。
挙句ご祈祷のときには本殿に尻をむけて座り込んでしまうという・・・・。

image

本人曰く、かみがいたかった(つけ毛をつけるので少ない髪を無理やり縛って土台にしていた)そうです。
ごめんよ、おかあちゃんはちょっと頭が寂しいな・・・と思ったんだ。
ありのままでよかったね、そうだね。






着物中の次女。
顔を上げず、誰かの足元にべったり…








こちらは全て終わった後の、風船買ってもらってゴキゲン次女。
よく頑張りました。

このページのトップヘ