飼い主に手を噛まれたよ!~2nd season~

へっぽこ母さんが、働いたり育児したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

長女は自己主張がかなり激しい方でして。


先日も保育園から帰ろうとしたら、もう少し遊びたかったのか、
帰らない!!と園の門のところで大騒ぎ。
ひっくり返ってギャーギャーはじめました。
なだめてもすかしてもダメで、ホトホト困っていると、年長クラスの男の子がトコトコと長女のもとにやってきて

「あれー?
もしかして、僕のこと待っててくれたの?

タッくんと一緒に帰る?」
と声をかけるではありませんか。



長女はポカーン( ゜Д゜) で泣きやみ、母は大爆笑。

さっきまでイライラしてた母が笑ったからか、それともイヤイヤが削がれて落ち着いたのか、その後はすんなり。

オトコマエな年長くんの対応に救われたのでした。










ちなみに。
本当に一緒に帰るつもりだったらしい。




長女を妊娠中に、咳喘息というものにかかりまして。
(咳喘息:喘息とは違うがやたら咳が出る病)

以来、季節の変わり目になるとしょっちゅうゲホゴホやってます。



先日も、呼吸がうまくできなくなるくらい咳が続きまして、病院で処方された薬を飲んでました。



薬を飲んでいれば咳は止まるんですが、これがお腹にも作用するらしくって、




おならが止まらなくなるという…







あれか。

「下のお口が」っていうアレか(違)。

次女アスカ(1歳)は、かがくいひろしさんの絵本「だるまさん」のシリーズが大好き。




三部作あるうちの、「だるまさんの」がお気に入りです。

1日に何度も読んでくれとせがみます。


読んであげると、絵本の中のだるまさんの動きに合わせて、体を左右にユラユラさせます。



その姿が可愛くて、もう、何度でも読んじゃうよ〜

実家が孫たちのためにブドウを買いました。






箱で。







それも巨峰とか、「皮ごと食べられる新種のブドウ」とかですよ。

なんですかそれは。
私たちが子供の時はデラウエア一択だったくせにー


でも…デラウエア(種無し、小粒)に慣れた子供たちに、大きいブドウはイマイチらしく…



おこぼれにあずかってまーす


(左上:サンシャインマスカット
右上:長野パープル
下:巨峰)


ああ、永久に痩せられそうにない…
だって美味しいんだもの。

中学1年で英語につまづきました。

以来、英語が苦手です。



学生時代は、まさしく「赤点ギリギリ」をキープ。
「英語とは、一生関わらない」
「日本に住んでいるのだから英語なんか必要ない」
そう思って、英語の成績が悪くても気にしていませんでした。





ちょっとー

学生時代のわたしー きこえるー?

今あなた、毎日英語と格闘してるわよ〜



はい。今仕事で毎日英語と格闘しております。
幸い会話するようなことはなく、仕事で必要な調べ物のために
海外のウェッブサイトを見て回るのですが・・・
それでも、英語を苦手とする人間には毎日が苦業です。


image




ウェブ翻訳してもね、ある程度は自分で補完しないと
意味が通じなかったりしますので、頼り切ることはできません。

そして私の周りには帰国子女とか、留学経験ありとか、
大学はコミュニケーション学科で英語専攻でしたとか、
バイリンガル、トライリンガルアタリマエーとか、
そんなのばっかりで、英語を苦手としているのは私くらい。

社内では英語教育プログラムもあって、
業務時間内に受けることも可能なのですが・・・
私のレベル、スタートラインにすらたてませんからー 
(中学卒業レベルですらない。私の英語力)



「嫌いなものはね、ついてまわるんだよ」と誰か
(誰だったかな〜。おばあちゃんだったかなー)に
言われましたが。まさしくその通りでござい。

  

このページのトップヘ