飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

へっぽこ母さんが、働いたり育児したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

長女の最近のお気に入りワード。



もうね、覚えたての言葉を言いたいらしい。
色んなものを「おいしくない」言います。




ただ、母としては「言いたいだけ」とわかっていても、心中穏やかじゃないっす。

この週末は久しぶりに夫が土日休みで、家族団欒な週末を過ごすことが出来ました。
(大将の仕事は24時間365日可動してるため、休みはカレンダー通りじゃないのです)

土曜日は天気も良かったので、「そうだ、海行こう」となり、車を借りて一路葛西臨海公園へ!

ここは都内でも屈指のバードサンクチュアリーポイントでもあります。







鳥は好きです。
食べる方も観察する方も。





それはさておき。
葛西臨海公園ですが、規模としては昭和記念公園ほど広くなく、
多摩動物公園ほど坂道はなく(多少のアップダウン有り)、
1歳半と3歳半を連れて歩くには、とてもよい公園でした。
浜辺で強風に吹かれながら打ち上げられた漂流物を拾ったり、
観覧車に乗ったり、小さい子用の遊具で遊んだり。
もう少し大きくなったら凧揚げもいいですね。



ただ、都の管理する公園に共通して言えることなんですが…


トイレはもうちょっとどうにかならないかなー。


子供が怖がる暗さと狭さと…で、80年代の高速道路の
パーキングエリアのトイレのようです。



先日、同僚ママ達と話をしていて気がついたことがありました。



「私、家事頑張れない子だわ」



同僚ママ達は皆時短勤務で働き、保育園にお迎えに行く時間はいつも子供達の腹ペコタイムで、晩ご飯の支度はタイヘン…という前提条件は同じなのに。
・レトルトや冷凍食品は使わない
・クックドゥのような出来合いの調味料は使わない
・ひき肉はフードプロセッサーで作る
・スーパーの惣菜買って帰るとかありえない
という話しを聞いてどっへーΣ(゚д゚lll)となったのでした。


私、夫が晩ご飯食べない日はスーパーの惣菜で済ませることも多いし、レトルトや冷凍食品は大活躍だし、フードプロセッサーは家にない。
ついでに言うとミキサーもブレンダーも圧力鍋もない。

おさんどんを考えることは苦行だと思ってるし、そんな中で彼女たちと同じようには絶対に出来ない。
脳内修造が「チャレンジする前から諦めるな!」って言ってきてるけど無理だ。

だってね、興味がないんだもの…(´Д`)


美味しいものを食べるのは好きですよ。でも、その美味しいものを"出来合いの調味料使って作る"のか"自分で醬を配合して作る"かは、正直どっちでもいい。
ひき肉がスーパーでミンチにされたものか家でミンチにしたものかとか、超どうでもいい。

多分、割ける労力が彼女たちとは根本的に違うんだろうな。


ここは一つ、表明しておこう。




うわーなんだろう。
女に生まれて結婚したら、絶対言ってはいけないセリフに感じる。

ものスゴイ罪悪感というか"ダメ人間っぷり晒してます"感。

でもいい。
他の人と同じようには頑張れない。
私には私の頑張りどころがあるのだ。

あと数年もしたら、ムスメたちと一緒にチョコレート
作ったりするのかなーと思ったけど。



ないわ。



ないない。



そもそも自分やったことないし。



女子力低い母ちゃんでゴメンよ。


このページのトップヘ