飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

フルタイムで働くアラフォーが、母したり妻したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

8月に「週一回ジムに通っているが痩せない」という記事を書きました。

そのなかで、次女の七五三の時までには結果をだしていたい(痩せていたい)から「やり方を変えた」と書きましたが・・・・




結果、出ませんでした。


相変わらずの体重キープっぷり。
痩せないことにかけては、もうスペシャリストを名乗っていいレベルですよここまで来ると。




image



そんなわけで、更なる見直しです。


週一回のジム通い程度の運動では焼け石に水

ということがよくわかった結果になったので、さっそくワークアウトアプリを入れてみました。
そんなわけで、ほぼ毎日ヨガしてます。

image


まだ初級の初、青葉マークなプログラムで時間も短時間(10〜15分程度)ですが、それでも効いている実感がものすごくあります。
子どもたちはヨガのポーズが面白いらしく、私のワークアウトを観ながらゲラゲラ笑っていましたが、最近では真似してくることも。


このヨガ、初めてまだ間もないのですが、ナニゲに体重がゆるゆる減ってきました。

結果がではじめると嬉しいなぁ〜。くれぐれも「生理周期(ホルモンバランス)による体重の減」ではありませんように・・・。





対照的だった、長女と次女の七五三。



長女のときは、衣装選びの際にイヤイヤ発動でまったく試着をしてくれず。
衣装店のベテラン店員さんがサササッとあわせてくれたものでなんとか選んだのでした。
image


ところが本番では試着のときのイヤイヤはどこへやら。
自分から袖に手を通し、七五三のために集まったじじばばに自分の晴れ姿をしっかりアピールしていました。
ご祈祷のときもしっかり神主さんの祝詞を聞いていました。
image



かわって次女。
試着時は自分から進んで何着も着て、着たらポーズをとって写真にうつるまでをやってのけました。
着物をお姫様の衣装と思っているらしく、七五三まえには「おひめさまになるのよ」と嬉しそうにしていました。

image

七五三当日では衣装に袖を通す前から不機嫌発動。最近は下火になっていたイヤイヤまで出てきて、「全部終わったら風船買ってあげる!」と神社の境内に出ていた屋台をダシになんとか着てもらいました。
挙句ご祈祷のときには本殿に尻をむけて座り込んでしまうという・・・・。

image

本人曰く、かみがいたかった(つけ毛をつけるので少ない髪を無理やり縛って土台にしていた)そうです。
ごめんよ、おかあちゃんはちょっと頭が寂しいな・・・と思ったんだ。
ありのままでよかったね、そうだね。






着物中の次女。
顔を上げず、誰かの足元にべったり…








こちらは全て終わった後の、風船買ってもらってゴキゲン次女。
よく頑張りました。

次女も三歳ということで、二年ぶり二回目の七五三です。
次女は、生まれてから一度も髪を切ったことがないにも関わらず、常にベリーショートな髪型です。(以前の記事→次女と頭髪

短い頭髪であるが故に男の子と勘違いされることも多く、通りすがりの人から「お姉ちゃんのお下がりを着せられて可愛そう。もっと男の子らしい服装をさせてあげなさい」と言われたことも。女の子じゃ!!

そんなわけでキメたいのが髪型ですが、髪型以前に髪が無いという状況でした。

妹ちゃんの着付けをお願いしたところでは「地毛」でできる髪型が基本のようでしたが、こちらからお願いしてウィッグを付けていただくことに(なお、ウィッグは買い取りなので終わったら持って帰れます)。




うむ、それっぽくなったぜ。 
アゴのラインくらいまでの長さがあれば、そのままでもよかったんですけどね…
長女の時も盛ったしね…




image
ひじくらい=腰まではいかないけど、肩甲骨より下



最近、子どもへに注意したこと、叱ったことなどが自分に刺さります。


長女はおもちゃやクレヨンなどの姿が見えないとすぐ「おかあさんどこー」と聞いてきますが、大抵本人の側にあります。「ちゃんと探したの!?聞く前によく探しなさい!」と長女に言いますが、私もうっかりさんで、よく夫に「チャンネルどこー」とか聞いています。聞く前によく探しなさい。

また、最近長女はスネ夫並のマウンティング能力が育ってきまして。
ちょっと目についたので注意したのですが・・・


image






image



ブログやって家族のアレヤコレヤを全世界に晒しているくせに!?




と。子どもに説教したことがブーメランになって自分に刺さるのでありました。

子育ては合わせ鏡・・・・


この秋は冠婚葬祭系のイベントが続くので、よそ行きの服を新調しました。

※よそ行きの服…フォーマルほど華やかでなく、ビジネスほど硬くない服

某ブランドのワンピースで、軽い素材で着やすく、私のようなサイズ(つまりデブってこと)の者が着てもある程度エレガントに見えるデザインで、とても気に入っています。

先日も娘の七五三に着まして。
七五三なので写真をいっぱい撮ったのですが、これに写っていた自分の姿に大ショック!!


image


自分の中のセルフイメージでは、エレガントに着こなしていると思っていたのですが、身体の動きに合わせて軽い素材のワンピースは身体に密着し、身体のラインが・・・ぼよんぼよんな身体のラインがクッキリハッキリ!!!

ここまで身体のラインがすべてみえてると、もはや全裸と同等ですよ。

あまりにもショックで夫に「この写真はちょっと…(実家には共有するなよ)」と伝えたのですが、写真として出ているということは、実際にそう見えていたわけで・・・・

あー


あーーーーー


あーーーーーーーーーーーーー(穴掘って埋まりたい)




このページのトップヘ