ちはやふる、という漫画がありまして。
その中に最近田丸翠というキャラが出てくるんですが、
この子が私すぎて辛い

ざっくり説明しますと、ちはやふるというのは
競技かるたに打ち込む高校生たちの物語で、
かるた界という特殊な世界でありながら、
どのスポ根にも負けない熱い青春ドラマが展開されております。

田丸翠というのはそのなかでも最近登場したキャラで、
自尊心と自意識が過剰なウザいキャラ。
初登場時の印象も最悪なものでした。


末次 由紀
講談社
2015-08-12

わかりにくいですが、28巻表紙の左下にいるのが田丸翠。


正直彼女があまりにもうざくて登場シーンは
読み飛ばしてしまうほど(ひどい)。
でも、作中で彼女の背景がはっきりしてくると・・・


あぁぁぁぁぁわかる!わかるよお前のその気持ち!

よくできる兄姉をもち、「できることがあたりまえ」の
感覚の両親のもとで、"人並み程度にはできてるが、その程度"
で育つと、本当にほめてもらえない



自分でほめてもらうように仕向けるとか、
褒められてる人に対して「その程度で」と悪態つくとか、
どんどんウザさマシマシになっていく姿は
自分の高校時代そのものだ。
(嘘。高校時代だけでなく結構こじらせてた)

そうか、自分に似すぎているから見てられないのね。
余計にうざいのね。

でも自分に似ているからこそ、物語の中で
成長していく姿を、他のキャラ以上に嬉しく思えるのです。



頑張れ田丸翠
負けるな田丸翠。

30を過ぎると、毎日自分で自分を褒められるようになるぞ!