リビングにあるオモチャ棚を新しくしました。


今までは無印良品の棚に幌製のバスケットを配置したもので、どんなオモチャもこのバスケットに放り込んでしまえば片付けOK!という無印良品のプロ(?)がオススメするしまい方をしていました。

最近子供が成長したのか遊び方が変わり、遊びたいオモチャを出すために一旦バスケットから全てのオモチャを出す、という行動に出るようになったので、オモチャをカテゴリごとに分けてしまえるようにしたのでした。

それに合わせて、オモチャも少し断捨離することにしました。
お子様ランチについてきた微妙なオモチャとか、マクドナルドのハッピーセットの出落ちオモチャとか、もう遊ばない赤ちゃん用オモチャが対象です。




これは赤ちゃん用のぬいぐるみで、歯固めが付いていたり、押すとプピーと音が鳴ったり、触るとガサガサビニール音をたてます。
もう子供たちはこれで遊ばないので、リストラ対象です。

リストラ対象ですが…


捨てられない!!。・°°・(>_<)・°°・。




長女は赤ちゃんのころ、オモチャで遊ばないタイプの子でした。
手にとって舐めたりもしないのです。
育児書にはよく「遊んであげましょう」と書いてあるんですが、オモチャに全く反応しない長女を前に、産後うつ気味の母さんは「どう遊んだらいいんだ」と、このクマと一緒に絶望していたわけです。

オモチャを渡しても関心を示さず「……で?」っていう感じになる。



次女はフル活用してた。



今でこそ一人遊びもお人形遊びもよくやる長女ですが、赤ちゃんのころは本当に何を与えても興味を示さず「大丈夫なんだろうか」と日々不安でした。
そんな時間を共有した存在であるこのクマは、私にとって大事な戦友です。

ええ、夫以上に。