うちの娘たちは身体を動かして遊ぶの大好きで、休みの日はなるべく外で遊ばせたいのですが、雨がふったりなんだりでそうも行かない日が多いと大活躍してます。 



ファンタジーキッズリゾート、略してファンキッズ、さらに略してFKS。 
こちらはざっくり説明すると"有料の児童館"とでもいいましょうか。
砂場やら滑り台やら、室内にいろいろ遊べるものが置いてあります。

少し前まで同じく武蔵村山にあるキドキドに通っていましたが、遊具の多さからこちらの方が子供のエンジョイ度が高いようです(うちの場合は)。

キドキドのような洗練されている感は微塵も無く、どことなく昭和時代のデパートの屋上を彷彿とさせます。


今日はそんな平成のデパートの屋上ファンタジーキッズリゾートの、我が家の子供達がお気に入りな場所を中心に紹介したいと思います。


::ふわふわ遊具::

ワニ、バス、クジラの滑り台、三角滑り台、機関車、サーカス(ボールプール)、2歳まで用三角滑り台と8種類あります。
滑り台系は込み合うこともありますが、ワニやバスは比較的空いており、ふわふわ遊具大好きな長女はこれらのどれかで遊んでます。
よいところは、大人も一緒に遊んでいいというところ。 ふわふわ遊具のなかで走り回るのたのすぃ〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚



image
手前がクジラ、奥に見える黄色いのが三角滑り台

image
ワニ。うちの娘達は何故かこれがすごくお気に入り

image
バス。中はワニと変わらない 


::砂場::

image
フィルタかけたらぼやっとしすぎちゃった。

砂場は抗菌砂を使用しているらしい。公園の砂よりももっと細かくて、白いです。
触った感触としては、貝殻を焼いて砕いて粉にしたもののよう。
水分を含んでいないので、お団子を作ったり山を作ったりは残念ながらできません。
サラサラを楽しんでもらう感じです。



::アーケードゲームゾーン::

image


なにがびっくりって・・・・ほとんどのマシンが無料なの。
太鼓の達人やワニワニパニック、マリオカートなど一時代終えた感のあるマシンがそろってますが、100円入れなくてもよいというのは大変ありがたいです。プレイ中に飽きたりしますからね、2歳と4歳は。
混んでいるときは待ちの列ができていますが、空いてる時はもう無双ですわ。
なお、クレーンゲーム、メダルゲームは有料です。


::おままごと::

小さい家のようなスペースが幾つもあって、だいたいどこの家でも誰かが家事に勤しんでいます。
うちは次女がここに入ると長いです。ずっとやってる。(そして付き合わされる・・・)
image
小さい家。こんなのが何軒もある

image
大きい家。こんなのも何軒もある。



他にもサーキットや、スケートリンク(つるつるしたプラスチックの板の上を滑る)、お姫様などにコスプレして撮影できるゾーンなど色々あります。
もう何時間でも遊べます(子供らが)。
うちは2歳と4歳連れですが、一度入ると4時間近く遊んでます。
image
サーキットは電動自動車で走ります。車はこれの他にバギーやトライクがあり。

広々とした赤ちゃん専用ゾーンが二種類あるのもありがたいです。片方は1歳半まで、もう片方は2歳までです。
夢中になって走り回っている大きいお兄ちゃん・お姉ちゃんたちが突進してくることは何より怖いですからね・・・。

FKS内にレストラン(というかデパートの屋上にあった売店風。メニュー含めて)がありますが、途中退場が可能で、店舗の外に食べにいくこともできます。
レストランには座敷スペースがあり、小さい子連れでも気兼ねなく食事できます(バンボ有り。ただし数は少ない)。
なおこの座敷スペース、午後になると子どもを見きれないお父さん達が昼寝をしだす(それも横になって)光景がみられます。そんなところもデパートの屋上チック!!オシャレさと無縁!ただよう昭和のかおり!!
 

残念なところは、キドキドのプレイリーダーのように、子どもたちと関わるように遊んでくれる(遊びのお手本となる)人がいないこと。
人はいますが、子どもたちに走らないように注意をうながす程度です。
また、親がついて遊ぶのは努力目標程度でして、年齢が上がるとわりと放牧される子どもたち。
これがまぁ弾丸列車であぶねぇあぶねぇ。小さい子供はふっとばされます。
このあたりはもうちょっとどうにかならないかな〜と思うところです。


それでも「今週末も雨だ〜 もう家遊びだけで色々持て余してるよ〜」という時に、子どもたちが爆睡する程度に疲れて身体を動かして遊んでくれるFKSはおすすめです。