第6話 「感謝祭は完璧に」

::あらすじ::
感謝祭を祝うために、フルハウス、フラーハウスのみんなが大集合します。
(ただしミッシェルは除く)

感想
シーズン2はじまって6話目でようやくミドルたちの登場です。そんなわけでオープニング映像も特別編。ジェシーとベッキーはバケモノか、というくらい年取ってないね…。
そんなジェシーとベッキーは、何やらケンカ中。どうやら養子を迎えたいベッキーと、年齢を考えると乗り気になれないジェシーで意見が分かれているようです。
フラーハウスのみんなは「迎えたらいいじゃん!」「ぜひ迎えなよ」というノリ。
この辺りのアメリカのおおらかさ(?)には驚かされますね。そして宗教の持つ良い面だと思います。
それから、ジョーイは嫁と子供4人を連れて登場です。…って、嫁いたんだ!∑(゚Д゚)
ファーストシーズンでは嫁と子供は影も形もなかったので、いたことにビックリ。
そしてジョーイ流の躾のおかげか、やりたい放題のキッズたち…。
うーむ、すべてがジョーイ流子育てとなると、こう育つのね。 
そして一人違和感かもしまくりのダニー。なんだかヤンキーなノリで(ヤンキーってそもそもアメリカ人を指す言葉だっけ)、フェラーリに乗ってやってきて、葉巻をふかしています。
再婚相手の影響か?!と思ったら、命の危機に直面して、自分の人生を改めて考えてしまったようです…。
パパが人生で残した素晴らしいものが、ここにあるじゃない とDJ。
これにはちょっと現実ともリンクしてウルッとしちゃいます。
女優業を引退していたキミー、夫からのDVや薬への依存と戦っていたステフなどが、もう一度表舞台に上がってこれたのは、このフルハウスという素晴らしい家族あってのことですからね…。
 
ミシェルをのぞく家族みんなが揃っての感謝祭の食事シーンは、「あぁ、家族っていろいろあるけど、やっぱりいいものだな」と感じさせてくれる、とてもよいシーンでした。
キャストからミッシェルへのメッセージのようなセリフもあって、ニヤッとしちゃいます。

来年こそは、ちょっとでもいいので顔を見せてほしいな・・・





そう、来年。3rdシーズンも制作決定です!!!

ワァ───ヽ(*゚∀゚*)ノ───イ