1月が行ってしまいましたね。2月は逃げて、3月は去ってゆく・・・。
そんなわけで新年度の準備です。


先日保育園の保護者会がありまして、新年度に用意してほしいものの説明などがありました。
次女は、お昼寝用コットが変わるのでシーツの準備が必要です。
長女の時は既成品を注文したのですが、今年は自作してみることにしました。

ちなみに私は超絶ぶきっちょ(不器用)さんです。
ですので、ちゃんとしたものというより”それっぽいもの”が出来上がること請け合い。 
そんな私の覚書。



お昼寝用コットシーツのサイズ。(うちの園の場合)
縦134センチ×横57センチ

image



<用意したもの(一人分)>
・ベビーキルトの生地1.5メートル
・縁取り(2・5メートル×2巻)
・ゴム(25ミリ幅1.8メートル)
・裁縫上手(布用ボンド45グラム入りタイプ)

<家にあって用意したもの>
・針と糸
・アイロンとアイロン台


image



1。キルト生地を切る
まずは134×57センチの長方形に切ります。次に角を落とします。
各コーナーは1辺が15センチの二等辺三角形の底辺(青線部分)を切り取るイメージで。

image



2。縁取る。
布用ボンドをつけて、生地の周りを縁どります。
ついでにゴムもはさみます。ゴムは40センチくらいに切ってあります。

image




ゴムの位置はこんな感じ。

image




3。アイロンで布用ボンドを圧着。


4。ゴムの付け根は手縫いでしっかり補強。




出来上がり。
所要時間は1時間半〜2時間くらい。

今回はじめて使ったのですが、布用ボンドが便利すぎて驚きました。
これはしつけ糸の代わりにも出来そうですね。
耐久性がどの程度のものかわからないので、毎週洗ううちに取れちゃうかもな〜
その時はまた貼ればいいかな(・∀・)



妹ちゃんのだけ手作りじゃ寂しいので、今回は長女の分も新調しました。
二人分だと材料はこのくらい。

・ベビーキルトの生地3メートル
・縁取り(2・5メートル×3巻)
・ゴム(25ミリ幅1.8メートル×2本)
・裁縫上手(布用ボンド45グラム入りタイプ)

 


ちなみに、このような作り方をする場合は、既成品を買ったほうが安いです。
やわらかいベビーキルトの生地買って〜縁取りもベビー用品で使うような肌触りのいいやつで〜とやっていたので、地味に材料費がかかりました・・・。


でも世界に一つしか無いお母さんの手作りシーツ。プライスレス