第11話「高校の同窓会」




::あらすじ::
 高校の同窓会に繰り出すキミーとDJ。ところがキミーにはつぎつぎに災難がふりかかります。また、家族にいいところを見せたいジャクソンは、オールAの通知票を持ってくるのですが・・・・ 


::感想::
同窓会には、DJの元カレ二人が顔を出しています。お金持ちのボンボンでちょっと嫌味ったらしいネルソンと、ジェシーのバンドでギターを弾いていたバイパーです。ネルソン役の人は当時とは違うらしいのですが、面影があってびっくり!。よく似た俳優を見つけてくるな〜。また、DJとキミーの同級生キャシーも登場。こちらはご本人のようです(声優さんも当時のままっぽい)。
学生時代バカにされていたのを見返すため(?)、レーシングドライバー姿のフェルナンドを連れて行くキミー。ところが格好良く登場したはずのフェルナンドは蜂に刺されてしまいます 。また、機嫌よく踊っていたらドレスが破け補正下着姿を晒すことに
落ち込んだりもするけれど、キミーは元気です。その底抜けのポジティブさ!見習いたいぜ!
一方フラー家では、オールAの通知表は偽造だとマックスに暴かれたジャクソン。「どうせ俺は」と部屋にこもってしまいます。マックスは最優秀生徒、ラモーナはダンスで注目され、自分だけ"なにものでもない"ことに焦りを感じていたようです。そんなジャクソンの気持ちを知ったステフは、フラー家(タナー家)流の方法でジャクソンを元気付けます。
何者でもない子なんていないんだよジャクソン…。
今回、スティーブンはDJにある決心を伝えます。 この決心、また一波乱ありそうです。



こちらはご本人だったみたい。
キミーの元カレ(?)、ドウェイン。いい男になったなぁ