SINGを見てきました。

久しぶりに予告編をみて「見たい!!」と思った映画。
今月の母休みを使って、早速観てきました。

思ったこと垂れ流しで書いているので、ネタバレも含んでおります。
まだ観てない、見る予定がないという方は、この映画の萌ポイントとブナンな感想を置いておくので、ここで引き返しをお願いします。


::全体の感想::
楽しい映画でした。おそらくDVDは買う。
今回観たのは吹き替え版だったのですが、英語版も見たい。 


image




























そろそろいいですかね。




























 




:重箱の隅をつつく的な感想:
バスター(コアラ)の動機がよくわからない。
「潰れかけの劇場の主が、一般人を集めてオーディションしてみました」というストーリーのレールの上を滑っている感じ。なんでオーディションをやろうと思いついたの?なんかこう・・・・説得力がたらないというか・・・。
他のキャラはね、あるんですよ。「自分を変えたい」「変わりたい」「チャンスを掴みたい!!」という動機があって、オーディションに参加している。でもコアラはなんかぼやっとしてるというか、ストーリーを進めるためのナレーターみたいな、進行役みたいな、そんな存在感。むしろあの流れだったら洗車屋で御殿建てるエンドになったっていいくらい。個性の強いその他のキャラクターたちを引き立てるために、バスターのそういった動機部分がカットされたのかもしれないですね。または、私が鈍感すぎて気が付かなかったか。
小説版読もうかな・・・
ウッチャンの吹き替えは悪くなかったですよ。さすが、コントでたくさんのキャラを演じてきただけのことは有ります。

自分の立場と似ているのでついつい応援してしまうロジータ。舞台の練習のために子どもを預けて参加しようとしますが、子供の数が25人と大所帯なため、シッターに断られてしまいます。そこで、「全自動母業マシーン」なピタゴラ装置を一晩で作り上げてしまうのですが・・・・ロジータ、歌の才能だけじゃなくてDIYの才能もあるな。というか、そのDIYの才能の方がお金になるんじゃないの??基本的に内装のリフォーム程度なら自分たちでやってしまう欧米の人たちにとってはあまり貴重な才能じゃないのかな???

エディ(羊)かわいい。KING OF ボンボンだった彼が、友人のために一肌脱いだり(文字通りの意味でもね)、舞台の裏方の仕事をしたり。今回の件で一番成長したのはおそらく彼。

崩れた劇場を直すシーンの時のBGMが「アンダー・プレッシャー」だったの。好きよ、こういう使い方。
 

は?サントラは日本語版出てないの??
アレだけのメンツに歌わせておいて?!
えー(←残念そうに)
えーーーー(←諦め切れない感じに)
えーーーーーーーーー(←ブーイングの意味を込めて)