先日子どもと一緒に、比較的近所にある大きな公園に花見に行ったのですが、人出も多く気温も高かったので、売店でアイスを買って食べることにしました。
しかし売店にはアイスキャンディーか高いカップアイスしかなく、自動販売機でモナカアイスを選びました。

子どもにアイスを与えると、高い確率で大惨事(手、顏、服、さらに周りの人間までべちゃべちゃ)になるので、気をつけなくてはいけないのです。


モナカなら、被害が最小限に防げると思ったのです。





結果。

























モナカアイスのモナカを剥がして食う2歳。






ボンタン飴のオブラート剥がして食べるのとはわけが違います
もう、手はアイスでぐっちゃぐちゃです。さらに、モナカを剥がしたところにかぶりつくので、顔もアイスまみれでドロボウ髭のよう。 当然、溶けたアイスがダラダラと服に手に…

しかもそれをみて長女も真似しだすっていうね…_(:3 」∠)_


去年の夏は普通にモナカアイスにかじりついていたのに・・・
なぜそんな食べ方を思いついたんだ?


モナカアイスは、モナカと食べてこそなんだぜ?