今更攻殻機動隊SACを初めて通しで観て、思ったことなどをつらつら書くシリーズです。 

攻殻ってなに?という人を完全においてけぼりにする内容です。 
 

今回はお嬢さんが主役(?)な話2本。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第十二話 タチコマの家出 映画監督の夢

<あらすじ>
タチコマが街で出会った少女とロッキー(犬)を探します。

image


<感想>
最初、ミキちゃんは絶対スパイだと思った。。。
あんな場所に少女がひとりでいることが不思議だし、コドモトコが監視してるし。「さぁいつ尻尾を出す!!」と思いながら見てたよ。
普通に「ロボットと少女の心あたたまる話」だったわけですが。

余談ですが、ミキちゃんの持っていたリードから、ロッキーは小型犬と思われ。
そして、ロッキーと名前がつけられる小型犬は小型のテリア犬につけられることが多い(キョウコ調べ)ので、私の予想ではロッキーはヨークシャテリアまたはケアンテリアではないかと推察します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第十三話 ≠テロリスト

<あらすじ>
16年前に誘拐された社長令嬢エカが見つかったんで、9課が回収に行きました。

<感想>
トグサよりも年下には全然見えないほど、老けた状態で発見されるエカ。
image


誘拐され、16年後に彼女の娘が組織のリーダー的な位置にいたことを考えると、エカが生き残る(命をつなぐ)ために選んだ手段は、"組織内の有力者に可愛がられる(女になる)
こと "だったのではないか。そのために彼女は、自分で自分の魂を殺したのではないか。。。令嬢だった時代は賢く聡明に生きてきた娘が、テロリストの虜囚になり、どんな屈辱に耐えてきたのか・・・。
年相応の義体にして、第二の人生を歩いてほしい(なんの解決にもなっちゃいないが)と思わずにはいられないのであります。

「もっとせんそうしたいよぅ!」のタチコマには、かわいい!と思っちゃいけないんだけど可愛いと思ってしまう・・・危険だ。危険だタチコマ。