夢を見ました。猫を飼っている夢を。
夢の中でしたが、とても幸せな気分でした。



茶色の長毛種で、名前はけだま
保護猫の譲渡会で譲り受けました。
毛玉ができやすく、ブラッシングは欠かせませんが、それでもやっぱり毛玉ができるので脇腹あたりをバリカンかけたりしてます。



けだま氏は幼少時から人間と暮らしているせいか警戒心が薄く、仰向けで寝ます。
そんな猫との陽だまりのような生活。


夢から覚めてもけだま氏のことを考えると暖かい気持ちになります。



もしかしたら、別の宇宙(あるいは次元)に、猫と暮らしている私がいるのかもしれません。