飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

へっぽこ母さんが、働いたり育児したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

カテゴリ: 雑記

普段は仕事の時にカップ入りコーヒー(マウント○ーニアなど)を愛飲してるのですが、先日は某ボトル系コーヒーを買ってみました。

たっぷり飲めるし、お得だわ〜と封をあけて飲んでみたのですが、なんだかとっても違和感が。

中身をコップに移して飲めば違和感はないのですが、ボトルからそのまま飲むとやっぱり違和感があります。





なんというかその・・・・クサイのです。



ボトルの匂いなのか、コーヒーそのものの香りなのか。
でもコーヒーだけの匂いを嗅いでも変な匂いはしないし、空になったボトルを嗅いでも変な匂いはしません。

ボトルからコーヒーを飲む寸前にだけ、その匂いはするのです。




薬品のような、揮発したビニル系の匂いのような、そんな匂いがするのです。


ぜひお試しあれ。そして伝えて。
私の気のせいじゃないと。

 

仕事でへとへとに疲れた金曜夜。ふとスマホをみるとそこには衝撃の内容が・・・・





うたのおにいさん卒業のニュースは、仕事で疲弊した脳みそにはダメージでかかったです。

って、特に"おかあさんといっしょ"に馴染みがない人には、ほとんど「誰?」状態でしょうし、なんで代替わりするだけでショックを受けるのか謎でしょうに。


母にとって、おかあさんといっしょの出演者は戦友なんです
彼らに対する愛着は半端無いんです!



毎日目にしているから、というのもあるのでしょうが。
NHKの子供番組は、ちょうど母の忙しい時間とかぶるんです。
朝食後の片付けや洗濯、夕食の準備やとりこんだ洗濯物の片付け。
そのクソ忙しい時間帯に、「子どもの相手をする」という最重要ミッションをらくらくとこなしてくれるのが彼らなんです。

また、長いドライブの時など、長女と次女がそろっておとなしく見てくれるのはおかあさんといっしょのDVDです。
(物語のあるものだと次女に難しく、ないものだと長女は退屈なので。どちらも文句言わず見てくれるの)


場合によっちゃ夫より頼りになるんですなんだかんだとお世話になりっぱなしです。
NHKには足をむけて眠れないくらいです。
特に、今回卒業するだいすけおにいさんは、長女が赤ちゃんの時からお世話になっているのでね・・・。


会えなくなるのは寂しい・・・すごく寂しい・・・
だいすけおにいさんの引退と一緒に、おにいさん演じるキャラクター「かぞえてんぐ」も引退ときいてとても寂しいです。



でも!!
これはだいすけおにいさんにとって新たな門出なのでしょう。
舞台に戻るのか、テレビから引退するのか、教育する立場になるのか…。このあとどんな道を選ぶかまだわかりませんが、どんな道を選んでもキョウコさんは横山だいすけさんを応援します。


 
引退前に、生かぞえてんぐに会えたこと、収録に参加できたこと、心に刻んでおきます。

1月が行ってしまいましたね。2月は逃げて、3月は去ってゆく・・・。
そんなわけで新年度の準備です。


先日保育園の保護者会がありまして、新年度に用意してほしいものの説明などがありました。
次女は、お昼寝用コットが変わるのでシーツの準備が必要です。
長女の時は既成品を注文したのですが、今年は自作してみることにしました。

ちなみに私は超絶ぶきっちょ(不器用)さんです。
ですので、ちゃんとしたものというより”それっぽいもの”が出来上がること請け合い。 
そんな私の覚書。



お昼寝用コットシーツのサイズ。(うちの園の場合)
縦134センチ×横57センチ

image



<用意したもの(一人分)>
・ベビーキルトの生地1.5メートル
・縁取り(2・5メートル×2巻)
・ゴム(25ミリ幅1.8メートル)
・裁縫上手(布用ボンド45グラム入りタイプ)

<家にあって用意したもの>
・針と糸
・アイロンとアイロン台


image



1。キルト生地を切る
まずは134×57センチの長方形に切ります。次に角を落とします。
各コーナーは1辺が15センチの二等辺三角形の底辺(青線部分)を切り取るイメージで。

image



2。縁取る。
布用ボンドをつけて、生地の周りを縁どります。
ついでにゴムもはさみます。ゴムは40センチくらいに切ってあります。

image




ゴムの位置はこんな感じ。

image




3。アイロンで布用ボンドを圧着。


4。ゴムの付け根は手縫いでしっかり補強。




出来上がり。
所要時間は1時間半〜2時間くらい。

今回はじめて使ったのですが、布用ボンドが便利すぎて驚きました。
これはしつけ糸の代わりにも出来そうですね。
耐久性がどの程度のものかわからないので、毎週洗ううちに取れちゃうかもな〜
その時はまた貼ればいいかな(・∀・)



妹ちゃんのだけ手作りじゃ寂しいので、今回は長女の分も新調しました。
二人分だと材料はこのくらい。

・ベビーキルトの生地3メートル
・縁取り(2・5メートル×3巻)
・ゴム(25ミリ幅1.8メートル×2本)
・裁縫上手(布用ボンド45グラム入りタイプ)

 


ちなみに、このような作り方をする場合は、既成品を買ったほうが安いです。
やわらかいベビーキルトの生地買って〜縁取りもベビー用品で使うような肌触りのいいやつで〜とやっていたので、地味に材料費がかかりました・・・。


でも世界に一つしか無いお母さんの手作りシーツ。プライスレス




 

毎年年末になると言っているような気がしますが。


年賀はがきが大好きです


10代、20代のころは考えられませんでしたが、
年一回、この年賀はがきで音信を確かめ合う友人がすでに何人かいます。
 



写真つき年賀状は特に大好きです。
批判的な意見も多いですが、私は「もらって楽しい」と思っている方です。
できれば友人本人が写っているのが理想ですが、子供だけの写真も嬉しいです。
ペットの写真も大歓迎さ!!!


もらって困るのが、喪中はがきですね。
正確には、誰が亡くなったのか書かれていない喪中はがきです。

4年前に届いた喪中はがきは、それこそ年一回年賀で音信を確かめ合う友人の一人で、私の幼なじみからでした。
同じ団地に住んでいて、私達が同じ歳で、彼女の兄と私の姉が同じ歳だったこともあり、それこそ赤ちゃんのころから一緒だったのです。
5歳ごろに引っ越しで離れてしまいましたが、それでも数年に一回は手紙で・・・と、途切れそうになりながらもつながっていました。
お互いに結婚した年が同じだったことから、年賀のやりとりがスタート。以降は毎年年賀でお互いの音信を確かめ合っていました。

そんな彼女からの、誰が亡くなったのか書かれていない喪中はがき…。

そこには、思い当たる人が一人…。

でも、「あの時の喪中はがき、あれって・・・」とは聞けない。
聞けないんですよ。聞いたら、それこそ音信途絶えそうで。

ひょっとしたら対象になる人が複数いて、全部書くと縁起悪い感じがするから、とかかもしれませんが。
出来る限り、"誰が亡くなっての喪中なのか"は書いてあって欲しいのであります。 


ホント、すっげーモヤモヤするから!





余談ですが。
喪中って、もう喪中はがきだけの存在になってますよね。
喪中でも普通に初詣行くし、お節も食べるし、ですよね。
東京だけ?

 


(cv阿澄佳奈で脳内再生してください)



吾輩は鳥である









名前はコハダ
















本業はクリップでーす







じゃ、そゆことで。




*******************

そんなわけでナイちゃん風に紹介してみました、うちのコハダさん。

今年の春?くらいにうちに来まして、お客様を驚かすお仕事をしていました。
一瞬「鳥が放し飼いにされている!」と思ってくれます。

名前は、寿司ネタシリーズ継続です。
白文鳥のエンガワ、桜文鳥のうに、保護猫のハマチに続き、コハダです。
名前の由来は、灰と青の羽色がひかりものっぽかったから。





このページのトップヘ