飼い主に手を噛まれたよ!~2nd season~

へっぽこ母さんが、働いたり育児したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

カテゴリ:次女 > 1歳

保育園で流行っていた胃腸炎を、次女がバッチリもらってきたらしく、
我が家は木曜夜からゲボ祭りが続いています。


ちょうど夫が夜勤の日で、真夜中にシーツ洗ったり着替えさせたりおおわらわ。
 
金曜はくったりした次女を背負って長女を保育園に送ったり
病院行ったりしてたら、背中にゲボをくらいました。

おう…。試練だぜ。


 


街中で動物に出会った時の反応比較。

長女は動物が苦手…というわけではないのですが、散歩中の犬に出会うと
大きく弧を描いて避けます。
この半径は大きい犬や吠える犬ほど大きくなります。

次女は大丈夫みたいで、大型犬でも「わんわーん♫」言いながら近づきます。
危険です。


猫だと長女は微妙な距離を保ちます。
さしずめ猫と「近付いていい距離」を探るようです。
次女は遠慮なく近付いて、猫が逃げます。





鳥だと二人とも遠慮なしで追いかけます。


追いつきそうなところがいいのか。
あるいは、やはり身近にいたのが影響あるのかな?

次女は鼻炎体質なのか、しょっちゅうあおっぱなを出しています。
もう、鼻から何も出てない日の方が少ないくらい。



image



テッシュやガーゼでふいていると、鼻の舌が赤くなって痛そうで、
赤ちゃんの頃は鼻水吸引してもらったり、
家庭用の鼻吸引器を使って みたりもしていました。

こういうの↓



でも、これだとうっかり強くすって鼓膜を痛めても怖いよね、
ということで、少し前に吸引器を買いました。

それも、ちょっと本格的な奴。


これ↓のバージョン違い




 

最初の頃はナニコレ!?ってな感じで嫌がっていましたが、
最近ではこれを取り出すと、自分で鼻吸うようになりました。

image


「これやった後はお鼻がすっきりするわ〜」ということに気づいたらしい。


スマイルキュートの使用感ですが
・病院でやってもらう吸引と違って、管は鼻の奥まで入らない。
・吸引力ゆるい?と思ったけど、鼻に使うならこれくらいでいいみたい。
・鼻水のたまる部分があるので、洗いやすい
・そうはいっても使用後はチューブの部分もしっかり洗わないと、気がついたらカビになる。
 
  
チューブの部分など各パーツでも売ってますが、そこそこいい値段するんで使ったらしっかり洗ってしっかり乾燥(水抜き)は鉄則です。

ハイ、しょっぱなカビさせたのは私です。

けっさくくんライブ話しの続きです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ep3:そのころ1歳は
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開始時間ギリギリに現地に到着したため、後ろの方での鑑賞となったのですが
おかげで次女はベビーカーに乗せたまま鑑賞することが出来ました。
(前方だとベビーカーはベビーカー置き場に)

会場が小さいので、ベビーカーに乗ったままでもけっさくくんの姿は見え、
次女も大興奮でございました。
(けっさくくんだからなのか、雰囲気に興奮してたのかは不明)

お弁当箱の歌ではちゃんと一緒にお弁当作ってましたよ。


1歳も1歳なりに楽しんでいました。



このページのトップヘ