飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

フルタイムで働くアラフォーが、母したり妻したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

カテゴリ: ライフハック

冬になると子供に、ダウン風の綿の入った上着を着せています。
マザウェイズのものが可愛くてお気に入りなのですが、一点難点が。














すぐ噛む



FullSizeRender

子供の服のファスナーは子供自身が閉めるので、朝から子供にキィキィされると、こちらもイライラしてしまいます。

素材が柔らかいから仕方ないんですよね・・・・。

なので我が家はメンディングテープ大作戦です。

これは噛む原因となるファスナーまわりの部分にメンディングテープを貼って抑え込んでしまおう、という作戦です。


FullSizeRender





IMG_0224


これをやると、ほぼ噛まなくなりました。

メンディングテープなのは、「家にたまたまあったから使ってみた」のですが
・目立たない
・ちゃんと抑え込んでくれる
・剥がしたあと糊が生地に残らない(洗濯時には剥がすので)
というメリットが有りました。

もしも、ファスナーが噛む上着にお困りで、試してみようかな…という方は、布用のマスキングテープが手芸屋さんで売られているので、そういうのを使うのがいいかもですね。(というか、布用マステを使うのが正しい方法なのでは??)


なお、セロテープは素材感(テカリ)が出て目立ってしまう、陽に当たると茶色くなる、布にのりが残るの三重苦があるので絶対にやめたほうがいいです。


噂通りの製品でした。キュキュットクリア泡スプレー。


スプレータイプの食器用洗剤ですが、気になる害虫に効果抜群です。
シュパッと一発スプレーで仕留められます。


FullSizeRender


泡が狙った場所にバッチリきまり、台所などの食器や食品が置いてある場所でもでも、子供のオモチャが散らかってるリビングでも、安心して使えます。




実際に試してみて、ほぼ一発で仕留められた虫
・コバエ(ノミバエ、チョウバエ)
・ハエ
・なんだかわからない小型の甲虫(ゴミムシダマシ?)
・なんだかわからない羽虫(ブヨとかブユ?)
・ゴキブリ(幼体)

なお、ゴキブリ成体は見かけないので試していません。


ガスタイプの殺虫スプレーですと、噴射した後悶え苦しんだり、こっちに飛んできて「ぎゃー!!」なんてこともありますが、これだと泡に包まれて大人しくなります。
あとは泡ごとキッチンペーパーで拭き取るだけでOK。
匂いもなく、咽せることもありませんでした。


気兼ねなく使えてありがたいのですが、同時に「何が効いているのか」「虫を殺す成分で食器洗って大丈夫か」が若干気になります。


極度の汗っかきです。


子供を保育園に送り出すと、着ているシャツの色が変わったり、束ねた髪から汗の雫が滴り落ちるくらい汗ダルマになります。

一旦家に帰ってシャワーを浴びたいところですが、ただでさえ時間のない朝はそうもいかないことが多く、汗拭きシートで汗を拭う日々です。

先日、通勤しながらラジオを聞いていたら、女性パーソナリティの方が汗拭きシートの話しをしており、「一回男物を使ったら戻れなくなった」と言っていました。曰く、爽快感が違うと。


私が使っていたのは女性ものの、サラサラパウダー配合だったのですが、ちょうど使い終わったタイミングで男物に変えてみることにしました。














マジ違うわ!爽快感が!!



特に汗のかきやすい首の後ろあたりなどは、逆に涼しく感じられるほど。

確かに。
こりゃぁ戻れん。



先日、保育園に子どもをお迎えに行ったら、
びっくりするくらい汗臭かった・・・。


そりゃそうだ。
冷房ガンガンに効いてて、大人は寒いくらい涼しいのに、
うちの娘達は汗だくで遊んでいたんだもの・・・



そんなわけでお風呂でゴシゴシ洗いたいところですが、
うちの子達は「じぶんで!」が強いタイプでして、
どうせなら自分たちで洗ってもらうと思いまして。


そんなわけで泡風呂に放り込むことに



夏だからできることではありますが、
子どもが楽しいお風呂タイムを過ごしてくれるのでおすすめです。


用意するもの
ボディソープ
(液体タイプ。我が家では子供用の全身シャンプーを使っています) 
これだけ。

ボディソープを、栓をした風呂釜に"ちょろっと"投入。(量は適当)
そこに向かってシャワーをあてる。→あわあわあわわ〜〜〜
勢いが足らない時は、接近させるとうまく泡立ちます。

image
こんな感じ。あわわ〜


--------------
2017 追記 

ボディソープは「泡で出るタイプ」のものを原液で投入するのが一番泡立ちます。
また、量は30-40ml程度、シャワーは垂直に当てるとモッコモコに泡立ちます。
--------------

水深としては、大人のくるぶしあたりがいいでしょうか。
湯の量が少ないと冷めやすいので、少し熱めのお湯がいいかも〜。

あとは、子どもを放り込むだけ。
そうすると、自分たちで泡だらけになって遊んで
もとい、身体を洗ってくれます。


image


おかげさまで、もう汗臭い!ということはなくなりました。
あと、暑くて外遊び出来ない時の"お風呂プール"としてもいいです。
デメリットとしては、お風呂からなかなかでてきてくれないことです。











 

このページのトップヘ