飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

へっぽこ母さんが、働いたり育児したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

カテゴリ: 読んだ本

少し前に、ナショナルジオグラフィック日本語版で多摩川が特集されていたので、思わず買ってしまいました。

多摩川が流れ、玉川上水の起点である羽村で育ち、初めて親元を離れて住んだ場所は多摩川下流の大田区多摩川あたりと、なんとなく多摩川には親近感を感じているもので。 
なんというか、"幼なじみ"がナショジオに取り上げられたような嬉しい気持ちで読み始めました。内容を三行でまとめると

・多摩川の中・下流域では、生活排水が水源の半分を占める
・昔は汚染がひどい死の川だった
・今は下水処理が発達して超綺麗。鮎も泳いでるよ!

都市の影響をもろにうける川。幼なじみの意外な一面を知った感じです。



長いこと多摩川流域で暮らしていて、疑問だったことがありました。
どうして多摩川はタマゾン川と呼ばれるほど熱帯の魚が生息しているのか。

この本によると、羽村取水堰で抜き取られる水より多い量の生活排水が多摩川に注ぎ込んでいるそう。中流域以降は生活排水が水源の半分にもなる。そのため、家庭で使われるお湯の量が増える冬になると、結果排水も暖かくなり、その排水の影響をうけて川の水温も暖かい。
そりゃグッピー繁殖しちゃうよね。ガーも生き残っちゃうよね・・・


そういえば大田区で暮らしていた時に、近くに多摩川があるにも関わらず水道水が利根川水系と知って驚いたんですが、やっぱり水源が生活排水だと水道水としては利用しにくいんですかね?
羽村など上流で取水された水は飲水として利用されているのは知っていたので・・・。羽村出身だから「水ならそこから汲めばいいじゃーん」みたいな発想になっているのかもしれない。
蛇足ですが羽村の水道水は多摩川の水じゃなくて独自に汲み上げている地下水なんですけどね。


image
羽村を出たら玉川兄弟の知名度が低くてびっくりしたもんです。
ローカル有名人だったのね・・・
 






ナショナル ジオグラフィック日本版 2016年10月号 [雑誌]
ナショナルジオグラフィック編集部
日経ナショナル ジオグラフィック社
2016-10-03




新年度の保護者会で、次女のクラスはある絵本の話題でもちきりでした。


それが、子供が寝ると評判の「おやすみ、ロジャー」という絵本。



うちの子はこのページで寝ちゃう、うちの子はここで寝ちゃう…などなど、
評判どおり本当に寝てしまうらしい…

ただ、5歳のおねえちゃんがいる、という家では「効かない」と言っていて、
妹1歳、姉3歳の我が家ではどうかなーと、気になっていたのでした。



そんなわけで導入してみました。












結果…















子供らはこの絵本が嫌いになったよ!!!





次女至っては、積んであった本からロジャーを抜き出して投げ捨てるほどに。



たぶん、
・子供のリクエストを無視して読んだ
(読んで欲しい本を無視してこの本を読んだ)
・話としてはつまらない
(音とか文章とか、あえてあのかたちらしいのだが…)
・子供が話しかけても読み続ける
(ネムレーという呪文を心で唱えながら)
がいけなかったっぽい。


つまり私のせいじゃんか



確かに寝るんですが、絵は少ないし(そして可愛くない)、まだるっこしぃし、読んでるこっちもつまらない。



これ読むなら「星の王子さま」を読んだほうがいいんじゃないのかな。
たぶん、こっちでも寝ると思うよ…







そんなわけで




バイバイ、ロジャー!!








↓確かに寝る。だが…
カール=ヨハン・エリーン
2015-11-13



ちはやふる、という漫画がありまして。
その中に最近田丸翠というキャラが出てくるんですが、
この子が私すぎて辛い

ざっくり説明しますと、ちはやふるというのは
競技かるたに打ち込む高校生たちの物語で、
かるた界という特殊な世界でありながら、
どのスポ根にも負けない熱い青春ドラマが展開されております。

田丸翠というのはそのなかでも最近登場したキャラで、
自尊心と自意識が過剰なウザいキャラ。
初登場時の印象も最悪なものでした。


末次 由紀
講談社
2015-08-12

わかりにくいですが、28巻表紙の左下にいるのが田丸翠。


正直彼女があまりにもうざくて登場シーンは
読み飛ばしてしまうほど(ひどい)。
でも、作中で彼女の背景がはっきりしてくると・・・


あぁぁぁぁぁわかる!わかるよお前のその気持ち!

よくできる兄姉をもち、「できることがあたりまえ」の
感覚の両親のもとで、"人並み程度にはできてるが、その程度"
で育つと、本当にほめてもらえない



自分でほめてもらうように仕向けるとか、
褒められてる人に対して「その程度で」と悪態つくとか、
どんどんウザさマシマシになっていく姿は
自分の高校時代そのものだ。
(嘘。高校時代だけでなく結構こじらせてた)

そうか、自分に似すぎているから見てられないのね。
余計にうざいのね。

でも自分に似ているからこそ、物語の中で
成長していく姿を、他のキャラ以上に嬉しく思えるのです。



頑張れ田丸翠
負けるな田丸翠。

30を過ぎると、毎日自分で自分を褒められるようになるぞ!


 



このページのトップヘ