飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

へっぽこ母さんが、働いたり育児したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

カテゴリ: 見た映画

ゴーストインザシェルを観てきました。




公開したても手伝って、新宿TOHOでは4スクリーンを使って上映。通常(2D)に加えIMAXやMX4D での上映もありましたが、私が観たのは普通の2D上映バージョンです。午前中の回でしたが、満席。




映画を観た感想ですが・・・・
「やっぱり押井攻殻はすごいんだなぁ!!」


※押井攻殻
1995年に公開された押井守監督の映画「GHOST IN THE SELL/攻殻機動隊」のこと。この映画の元になったアニメ映画。まだ観てない方はぜひ!! 





もうね、「あのシーンとか、あのシーンとか、あのシーンを作ってみたかったんだろうなぁ」と。でもね、"押井版の方がすごい"のよね。重厚感が違うというか・・・・。そもそもアニメと実写じゃ表現手法として違うから、好みの問題であって比べること事態がおかしい話なのかもしれないけど。

ただ、あれだけゴリゴリCG使われてて"実写"という括りは、はたして…みたいなのもちょっと思った。

以下、重箱の隅だったり、ネタバレを含んでいるかもしれないので、
私のつたないスカヨハ少佐おいてきますので、ここまでにしてください。








































そろそろいいですかね?














:感想:
・押井攻殻+SACのスキなところ集めてみました感
・ストーリーをわかりやすくしたのは良かったけど、"ゴースト" "インザ" "シェル"としてのアイデンティティがなくなっているような。
・アクションが全般的にかっこよかった。 
・人種、性別に配慮したハリウッド的9課編成。 
・野良バセットの名前が「ガブリエル」って!。
・モモーイ!(・∀・)
・荒巻のほうがよっぽど悪人にみえるの気のせいかな?(アウトレイジのせいです)
・エンディング!エンディング!!!


この映画、押井攻殻もSACも全く知らない人が見たらどんな感想をもつのでしょうか。それがとても気になる。。。
(・・)みたいな顔になりゃしないだろうか。
"サイボーグ女子の自分探し物語"とか思われてないだろうか。いや、間違っちゃいないのだが…

::重箱の隅::
・街中の巨大ホログラム広告、意味不明なものが多い。街中を泳ぐ巨大錦鯉ホログラムとか、ワイン(らしき色のついた液体)を器に注いで、それが器から溢れて、下の人にドバーッとかかってる巨大ホログラム広告・・・ってお前ら何屋の広告だよ!!
・"高級大飯店"っていう巨大ネオンのもつ「絶対あいつ高級じゃない」感(チープさ) すごい。
・荒巻は日本語で、9課メンバーの返事は英語って・・・。電脳には翻訳こんにゃく成分配合??
・オープニングの「義体ができるまで」ですが、さすがに重力に逆らう液体は「アレどうなってるんだ?」ってなっちゃう。
・少佐の髪はもうちょっと毛量多目がよかった


ゴーストインザシェルを見終わってから、新宿の街を少しプラプラしたんですが、「(物語の舞台の)あの街は、香港と新宿のハイブリッドみたいな街だな」と思ったのでした。


今回は字幕版を観たんですが、ぜひキャストにこだわった(アニメ版と同一の)吹き替え版も観たいですねー。 

今回字幕を選んだのは、押井攻殻を初めて観たとき、一回観ただけではサッパリわからなくて、二回見てもヤッパリよくわからなくて、三回目にインターナショナル版(英語版)を日本語字幕で見て、ようやく"ナントナク"わかって・・・という感じだったので、今回は字幕版から観ることにしてみたのでした。
 

先日、子どもたちと映画館で映画を観てきました。
4歳と2歳の映画館デビューです。


観てきたのは「映画プリキュアドリームスターズ」





家のNetflixでトッキュウジャーの映画やしまじろうの映画を観ているので、「1時間の映画くらい、おとなしく見てくれるだろう」と思っていたのですが。。。。甘かった


まず、大きな失敗として開場してすぐに劇場に入ってしまったこと。
なんとなく開演ギリギリで劇場いりしてバタバタするのもな・・・と思ったので開場してすぐ入ってしまったのです。そうです、大事なことを忘れていたのです。



世間は春休みなんです!!!
ねーもー びっくりしたよ。

そんな春休みのちびっこを狙って、流れる流れる広告が。。。。。
映画の宣伝だけじゃなくてリカちゃん人形などの玩具の宣伝も流れます。

結局、開演時間を20分以上過ぎても本編は始まらず・・・・つまり入場から30分以上も広告動画を見せられているわけで…
「プリキュアまだ?」を劇場中の観客に聞こえるくらいのボリュームで繰り返す4歳に、完全におねむモードでぐずりだす2歳。あーぁ…やっちまったい。

image



集中力を無駄遣いした4歳と2歳。。。。
それでも、入場時に配られたミラクルサクライト(うさぎのモチーフのついたピンクのライト。これを劇場でふるとプリキュアが元気になる)を振って、それなりに楽しんでいた模様。

ですがやっぱり集中は続かず、4歳は後半完全にダレておりました。

image




逆に2歳は前半ちょっと寝てたんでシャッキリしたのか、前の席に乗り出してミラクルサクライトをぷりぷり降っていました。

image



おかげさまで母は内容をあんまりよく覚えていないよ・・・。
すごく疲れたよ・・・。
いい経験になったよ・・・。


ちなみに、さんざん帰りたいと宣っていた長女は、いざ映画が終わって劇場から出たら「今度はドラえもん観に来ようね」と言っていたので、"映画館で映画を観ること"は嫌いではない様子。

家で観る映画もいいけど、映画館でみる映画もいいもんだ、と思って貰えたら嬉しいな。



SINGを見てきました。

久しぶりに予告編をみて「見たい!!」と思った映画。
今月の母休みを使って、早速観てきました。

思ったこと垂れ流しで書いているので、ネタバレも含んでおります。
まだ観てない、見る予定がないという方は、この映画の萌ポイントとブナンな感想を置いておくので、ここで引き返しをお願いします。


::全体の感想::
楽しい映画でした。おそらくDVDは買う。
今回観たのは吹き替え版だったのですが、英語版も見たい。 


image




























そろそろいいですかね。




























 




:重箱の隅をつつく的な感想:
バスター(コアラ)の動機がよくわからない。
「潰れかけの劇場の主が、一般人を集めてオーディションしてみました」というストーリーのレールの上を滑っている感じ。なんでオーディションをやろうと思いついたの?なんかこう・・・・説得力がたらないというか・・・。
他のキャラはね、あるんですよ。「自分を変えたい」「変わりたい」「チャンスを掴みたい!!」という動機があって、オーディションに参加している。でもコアラはなんかぼやっとしてるというか、ストーリーを進めるためのナレーターみたいな、進行役みたいな、そんな存在感。むしろあの流れだったら洗車屋で御殿建てるエンドになったっていいくらい。個性の強いその他のキャラクターたちを引き立てるために、バスターのそういった動機部分がカットされたのかもしれないですね。または、私が鈍感すぎて気が付かなかったか。
小説版読もうかな・・・
ウッチャンの吹き替えは悪くなかったですよ。さすが、コントでたくさんのキャラを演じてきただけのことは有ります。

自分の立場と似ているのでついつい応援してしまうロジータ。舞台の練習のために子どもを預けて参加しようとしますが、子供の数が25人と大所帯なため、シッターに断られてしまいます。そこで、「全自動母業マシーン」なピタゴラ装置を一晩で作り上げてしまうのですが・・・・ロジータ、歌の才能だけじゃなくてDIYの才能もあるな。というか、そのDIYの才能の方がお金になるんじゃないの??基本的に内装のリフォーム程度なら自分たちでやってしまう欧米の人たちにとってはあまり貴重な才能じゃないのかな???

エディ(羊)かわいい。KING OF ボンボンだった彼が、友人のために一肌脱いだり(文字通りの意味でもね)、舞台の裏方の仕事をしたり。今回の件で一番成長したのはおそらく彼。

崩れた劇場を直すシーンの時のBGMが「アンダー・プレッシャー」だったの。好きよ、こういう使い方。
 

は?サントラは日本語版出てないの??
アレだけのメンツに歌わせておいて?!
えー(←残念そうに)
えーーーー(←諦め切れない感じに)
えーーーーーーーーー(←ブーイングの意味を込めて)

 



 

先日、ポコーン!と時間が空いたので、ゴジラの映画館(TOHOシネマズ新宿)で、ゴジラを観てきました。


ワタクシ、父がゴジラ好きだったもので、小さい頃からゴジラ作品を観て育ったゴジラ娘でして、さらに思春期真っ盛りの時期にエヴァンゲリオン(当時は主人公と同じ歳)という星回りなもので、シン・ゴジラは気にならないワケがない、という作品だったのです。

注釈:
エヴァンゲリオンの監督庵野秀明氏が、今回のゴジラの総監督なのです。


で、ゴジラの感想というか雑感です。
まだ観ていない方は、私の拙い文章で興味が削がれてもいけないので、ここまででお願いします。
(&ネタバレしてます)
別にネタバレでもなんでもない画像貼っとくんで、その隙にどうぞ。





















いいですかね?






















  • 見知った場所が舞台で、ワクワク
  • そのシーンに怪獣大戦争マーチは違うよ!
  • 余貴美子の防衛大臣っぷりがかっこよくて惚れる
  • ドーン!ギャーン!バーンが少なく、事件は会議室で起きてたカンジ。
  • で、なんでゴジラは東京(それも都心)を目指したの?
  • しっぽエイリアンは次作への布石?
  • そうか…エヴァって怪獣対巨神兵だったんだ…。


【見知った場所云々】
ゴジラが現れ、街を壊していくのですが、これが以前自分が住んでいた地域の近くでして。
ゴジラが最初に遡上する呑川はお散歩コースだったし、2度目の上陸で最終防衛ラインになる多摩川丸子橋付近はまさに"近所"。
前線基地となる多摩川浅間神社は、多摩川に向かっての景色が素晴らしいので、よく1人でボーっとするのに使ってました。
こんなにも自分の見知ったところが頻繁に出てくるとテンション上がりますね。
逆に「なんでこんなとこ通ってんのゴジラ」と思いもしますが。

あと、人間側の本陣になるのが立川で、こちらもまた"地元"ときたもんだ。


【そのシーンに怪獣大戦争マーチは違うよ】
今回は第一作を中心に、歴代ゴジラ映画のオマージュが随所にあったわけですが、音楽もその一つ。
でもねー。あの新幹線のシーンに怪獣大戦争マーチはね。。。。
使いたい気持ちはわかりますが、せっかくの新幹線爆弾がチープに感じられてしまったので残念です。
音楽については、「踊る!大捜査線」とも相性良さそうです。


【余貴美子がすばらしい】
踏んづけられたい。
今季の俺的助演女優賞は彼女で決定です。 
 

【事件は会議室で起きてます?】
「現実対虚構」が、今回のゴジラのキャッチコピーだったわけですが。
もしも、今の日本にゴジラが現れたら…ああいうやり取りになるんだろうなぁ。と思いながら見てました。
そして途中から、目と耳から得た情報が、脳内で精製されて田口トモロウのナレーションが流れ出す始末…。
「プロジェクトG-挑戦者たち-」と、ついでに「踊る!大怪獣戦!」というパロディが作れそうです(私の脳内で)。
緻密な作りになっているのですが、それ故怪獣との戦闘シーンが少なく感じ、その点については物足りなさを覚えました。
ゴジラにはもっと暴れて欲しかった!もっと壊して欲しかった! 
 

【なんでゴジラは東京に?】
富士山でもなく。原発でもなく。なんで東京に来るんですかね?
ゴジラのエントリープラグには牧博士が入ってますかね?


【次回への布石?】
凝固剤で動かなくなったゴジラを「うごくぞ〜(ワクワク)うごくぞ〜(ドキドキ)」と思いながら見ていたわけですが、動くこともヒビが入ることもなく終わる・・・・かと思ったら。
しっぽしっぽ〜しっぽよ♪ あなたのーしっぽよ♪  だったわけですね。
なんで東京を目指したのかとか、しっぽのアイツとかは次回ですかね?
  

【エヴァは怪獣対巨神兵だと思った】
毎週やってくる怪獣(使徒)に、それを迎え撃つ巨神兵(エヴァ)、というアニメだったんですね。
エヴァみあるゴジラじゃなくて、エヴァがそもそも特撮怪獣映画の血を引いていたのか…。
話は変わりますが。
第一形態のゴジラに、使徒のあの顔がついているんじゃないかと無意識に探したり、どうゴジラに立ち向かおうか・・・ってなっている時も頭に「汎用人型決戦兵器・・・」という言葉が浮かんでしまう程度にはエヴァが好きです。


 
そんなゴジラ雑感。




余談。
私のゴジラ第1作は「ゴジラ対ビオランテ」でした。



夏休みを一日利用して、夫とデートしてきました。
今回は映画デート。鑑賞に選んだ作品はこちらです。



帰ってきたヒトラー






あらすじをざっくり説明すると・・・
現在にタイムスリップしたヒトラーが、起死回生を図る
テレビマンに拾われ、ものまね芸人としてデビュー。
その半端ない作り込み(と思われている)から一斉を風靡し、 
ネットやマスメディアを巻き込んで一躍スターになっていく

という話。


こういうコメディは映画館で見ないと、もう見ない
(レンタルしてまで見ようとしない)よね、ということで
選んだ作品だったのですが。。。。。いやはや。



この夏いちばん恐ろしい映画だった。





笑えば笑うほど、「この映画の着地点はどこなんだろう」と
どんどん怖くなっていった。そして、その怖さは
現実に起きている問題(流入するシリア難民とそれを排斥しようと
する人々、ヨーロッパ各国の右傾化などなど)とクロスして、
"わらいごとじゃねぇぞ"になっていく。



極悪人や、悪の権化のように描かれることの多いヒトラーだけど、
そもそもなんで民衆は彼を選んだのか。そして、支持したのか。

民衆の求めるものを、彼が持っていたからなんだよね。
その片鱗(支持されるヒトラー)が垣間見れるんだけど、
ヒトラーの言動に対してうっかり「お前の言うことも一理あるわー」
と思ってしまう自分にもゾクッとした。




私たちは、本当に歴史から学んでいるのだろうか。





とりあえず、31日は投票に行こうと思いました。


------------------------------------------

政治とか歴史とか語るのはちょっと柄じゃないんで、
気づいたことなどを・・・・


・「おっぱいぷるんぷるん」の空耳で日本ではおなじみの
「ヒトラー最後の12日間」のあのシーンのオマージュが!!
・似顔絵描きますのところに貼ってあった女性の顔はエヴァ・ブラウン!?
・ドイツにおける犬の地位が高すぎて。
・犬視点の映像は誰がいつ撮ってたの?
・あのおばあちゃん、日本でやるなら絶対樹木希林


-------------

今回の映画を見て、思い出した事柄をいくつか。


ヒトラーの秘密図書館

ヒトラーがどんな本を読み、どう影響されていったのか。
「本を読みなさい」というが、本当に本を読むことはよいことなのか。
そんなことを考えさせてくれる一冊。

ティモシー ライバック
文藝春秋
2012-12-04




ボラット

カザフスタンからきた(という"てい")で撮影されたドキュメンタリー風の映画。
あまりのやり過ぎっぷりにキョウコさんは途中で見られなくなったほど。
ほんとひどい(褒め言葉)。
私は「帰ってきたヒトラー」はこの映画に似てるな、と思ったんですが
多分、同意は得られない。


サシャ・バロン・コーエン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2010-06-25



ヒトラー 最後の12日間

おっぱいぷるんぷるん 




-----------------



最後に。


世界はまだまだ大丈夫だと信じたい。




 

 

このページのトップヘ