飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

へっぽこ母さんが、働いたり育児したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

カテゴリ: 見た映画

夏休みを一日利用して、夫とデートしてきました。
今回は映画デート。鑑賞に選んだ作品はこちらです。



帰ってきたヒトラー






あらすじをざっくり説明すると・・・
現在にタイムスリップしたヒトラーが、起死回生を図る
テレビマンに拾われ、ものまね芸人としてデビュー。
その半端ない作り込み(と思われている)から一斉を風靡し、 
ネットやマスメディアを巻き込んで一躍スターになっていく

という話。


こういうコメディは映画館で見ないと、もう見ない
(レンタルしてまで見ようとしない)よね、ということで
選んだ作品だったのですが。。。。。いやはや。



この夏いちばん恐ろしい映画だった。





笑えば笑うほど、「この映画の着地点はどこなんだろう」と
どんどん怖くなっていった。そして、その怖さは
現実に起きている問題(流入するシリア難民とそれを排斥しようと
する人々、ヨーロッパ各国の右傾化などなど)とクロスして、
"わらいごとじゃねぇぞ"になっていく。



極悪人や、悪の権化のように描かれることの多いヒトラーだけど、
そもそもなんで民衆は彼を選んだのか。そして、支持したのか。

民衆の求めるものを、彼が持っていたからなんだよね。
その片鱗(支持されるヒトラー)が垣間見れるんだけど、
ヒトラーの言動に対してうっかり「お前の言うことも一理あるわー」
と思ってしまう自分にもゾクッとした。




私たちは、本当に歴史から学んでいるのだろうか。





とりあえず、31日は投票に行こうと思いました。


------------------------------------------

政治とか歴史とか語るのはちょっと柄じゃないんで、
気づいたことなどを・・・・


・「おっぱいぷるんぷるん」の空耳で日本ではおなじみの
「ヒトラー最後の12日間」のあのシーンのオマージュが!!
・似顔絵描きますのところに貼ってあった女性の顔はエヴァ・ブラウン!?
・ドイツにおける犬の地位が高すぎて。
・犬視点の映像は誰がいつ撮ってたの?
・あのおばあちゃん、日本でやるなら絶対樹木希林


-------------

今回の映画を見て、思い出した事柄をいくつか。


ヒトラーの秘密図書館

ヒトラーがどんな本を読み、どう影響されていったのか。
「本を読みなさい」というが、本当に本を読むことはよいことなのか。
そんなことを考えさせてくれる一冊。

ティモシー ライバック
文藝春秋
2012-12-04




ボラット

カザフスタンからきた(という"てい")で撮影されたドキュメンタリー風の映画。
あまりのやり過ぎっぷりにキョウコさんは途中で見られなくなったほど。
ほんとひどい(褒め言葉)。
私は「帰ってきたヒトラー」はこの映画に似てるな、と思ったんですが
多分、同意は得られない。


サシャ・バロン・コーエン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2010-06-25



ヒトラー 最後の12日間

おっぱいぷるんぷるん 




-----------------



最後に。


世界はまだまだ大丈夫だと信じたい。




 

 

先日隙間時間を無理矢理作りまして、
ようやくスターウォーズのエピソード7を見てきました。





以下、ネタバレを含むかもしれませんので
まだ見ていない方やネタバレしたくない方はここまででござんす。














新しいドロイドのBBー8かわいいよ





ドロイドの言語って、超高速言語か何かなのかな?









さて、そろそろ書いちゃうよ。









今回のエピソード、一言で言うと
「ヨボヨボとヒヨヒヨの宴」


以下箇条書きですが。

  • ヨボヨボしてるのか、ヒヨヒヨしてるのかのどっちかだった…
  • 彼に至ってはちょっと動きが緩慢すぎて「お、おう…」となるとこも。
  • でもかっこいいけどねー!
  • お前ら超機密事項ベラベラ喋りすぎ!
  • 聞いたほうも納得すんなよ!普通罠だと思うだろ!?
  • 砂漠の星のシーンは、背景の朽ちた宇宙船がたまらない!
  • 砂漠の星の人たちはどうやって命繋いでるんだろうね
  • 今度のダークサイドは馬面だなぁ…
  • スノークがトム・リドルにしか見えない
  • ファースト・オーダーという名称を聞くたびに私の中で「ご注文いただきましたぁー」「ラッシャィ/」が再生される。
  • 小説版は完全に無かったことに!?


個人的には今度の女主人公が上橋菜穂子の守人シリーズのバルサとダブりました。
実写バルサもあのくらいかっこいいといいな!

次作は2017年予定ですって。
楽しみだわ〜


年末恒例、「男の魂に火をつけろ!」さんの映画ランキング企画に参加します!
去年はウッカリしてる間に募集期限を過ぎるわ、
年明けちゃうわで参加できなかったけど、
今年こそは!!です。
 


今年は、「音楽映画ベストテン」ということで、
音楽を題材にした映画やミュージカル等のベストテンでございますよ!





ワタクシ的音楽映画ベストテンはこちら!!


私信:集計者様へ。
ブログ表記の関係上10位スタート&ごちゃごちゃ書いてありますが、

集計用の記載を一番下にご用意しました。



10位:アマデウス
(監督:ミロス・フォアマン)

F・マーリー・エイブラハム
2010-04-21



あらすじ:モーツァルトって、ナンチャラと天才は紙一重の、ナンチャラの方だよね。


上映時間は2時間以上あったにもかかわらず、時間をまったく感じさせなかった。
衣装や舞台も豪華で、それだけでも圧巻。

個人的に、コンスタンティン(モーツァルト妻)を悪妻として
描いてないところも好感が持てるポイントです。

NHK大河ドラマ篤姫での、堺雅人の演技はこっから来てると思うの。




9位:レント
(監督:クリス・コロンバス)
 

アンソニー・ラップ
2013-11-22



あらすじ:家賃が払えない若造の祭り


この作品に出てくる歌、「season of love」が好きすぎて…。

歌もいいけど、何が凄いって初演メンバー集めたこと。
おかげで初演時は若くてピチピチだったエンジェルは、30代のオッサンで、
恋に落ちるくだりとかちょっと意味違ってこない?とは思ったけど、
それでも舞台を引退していたとは思えないほどの歌とダンスでごんす。





8位:マスク
(監督:チャック・ラッセル)

ジム・キャリー
2005-04-08



あらすじ:ジム・キャリーが歌って踊るよチッチキブン


姉と映画館に観に行き、二人して腹を抱えて笑ったなー。
音楽映画に含めていいのか微妙だけど、好きだから。大好きだから。




7位:マクロスプラス
(監督:渡辺信一郎)



あらすじ:二人の男と一人の女がスッタモンダする話


さぁ、あなたもシャロンアップルに洗脳されなさい。




6位:4分間のピアニスト
(監督:クリス・クラウス)

モニカ・ブライブトロイ
2008-06-06



あらすじ:才能あるけど色々あって刑務所入ってる少女が4分間ピアニストになる


見終わった後に全身が粟立っていた。この感動を伝える言葉が出てこなかった。

ピアノ教師の徐々に明らかになる過去とか、ちょっと百合めいた匂いとか、
ばばーん!と出てくるのではなく微かに出してくるのもいい。





5位:嫌われ松子の一生
(監督:中島哲也)



あらすじ:嫌われ松子の一生


日本で珍しく成功したミュージカル映画だと思ってる。





4位:ノートルダムの鐘
(監督:ゲイリー・トルースデール、カーク・ワイズ

アラン・メンケン
2004-09-03



あらすじ:ノートルダムの鐘付き男が愛のために闘う話


ディズニーらしいご都合主義はありますが…。
他のディズニー作品とは明らかに一線を画すミュージカル。

だからホント、2とかやめてあげて!!





3位:オズの魔法使
(監督:ヴィクター・フレミング)

ジュディ・ガーランド
2010-07-14



あらすじ:黄色いレンガの道を辿ってエメラルドの都を目指します


ショックだったねー

これはヤクでキメッキメにキメてハイになった状態で撮影されたと知った時は。
ジュディガーランドが偉いさんと寝て役を得たと知った時は。でも好き。

占い師(兼オズ魔王)のうさんくささとか、ダルチさんの鼻とか、大好き。

そういえばシュガーラッシュで城の門兵のオレオが歌ってるのは、
西の魔女の部下が城の前で歌ってる歌と同じよね?





2位:天使にラブソングを…2
(監督:ビル・デューク)

ウーピー・ゴールドバーグ
2005-12-07



あらすじ:尼さんと高校生が歌って踊る


1もよかった…けど、2の方が好き。見終わった後に確実に歌いたくなる。

あと、これの邦題つけた人は本当に天才。

(原題はsister act2)




1位:ファンタジア
(監督:ベン・シャープスキン)


ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2011-04-20



あらすじ:目で見る音楽、耳で聞くアニメーション。


私に"音楽の見方"を教えてくれた作品。
おかげさまで音楽聴いてると頭に絵が(時に抽象的だったりもしますが)
出てくるようになったよ。

これが作られたのは真珠湾攻撃の前年ってことに驚く。

私の夢は菅野さんの曲でファンタジア作ることですよ。




いかがだったでしょうか。




作ってみたらダンサーインザダークとかムーランルージュ
入ってなくて自分でもビックリしたんですが、
逆に自分の好み(楽しいのが好き、バッドエンドは好かない)が
ハッキリしたカタチになりましたね。

サウンド・オブ・ミュージックも、入れるか悩んだんですが
「でも、ミュージカルのサウンド・オブ・ミュージックより、
名作劇場のトラップ一家物語が好き」という事に気が付きました。

そんなランキング。



勝生真沙子
バンダイビジュアル
2010-02-23




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<ランキング集計用記載 になってるといいな>
  1. ファンタジア(1955年、監督:ベン・シャープスキン)
  2. 天使にラブソングを2(1994年、監督:ビル・デューク)
  3. オズの魔法使(1954年、監督:ヴィクター・フレミング)
  4. ノートルダムの鐘(1996年、監督:ゲイリー・トルースデール、カーク・ワイズ
  5. 嫌われ松子の一生(2006年、監督:中島哲也)
  6. 4分間のピアニスト(2007年、監督:クリス・クラウス)
  7. マクロスプラス(1995年、監督:渡辺信一郎)
  8. マスク(1994年、監督:チャック・ラッセル)
  9. レント(2006年、監督:クリス・コロンバス)
  10. アマデウス(1985年、監督:ミロス・フォアマン)


このページのトップヘ