飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

へっぽこ母さんが、働いたり育児したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

カテゴリ:イベント > おかいつ覚書

そんなわけで、「おかあさんといっしょ」収録参加話しです。

最後に、全体的な感想を…


収録に参加した感想ですが、全体的に完成されていてとても驚きました。
さすが、年間200回放送しているものを40年以上もやっているだけはあります。
ここにたどり着くまでに、たくさんのトラブルなどもあったことでしょう。

おにいさん、おねえさんをはじめ、スタッフの方達の子供さばきの手際の良さには、美しさすら感じました。


一番おどろいたことは、時間通りに終わったこと。

「終了予定時間はx時x分です」と言われたまさにその時間に、NHKの玄関をくぐっていました。
50人近い子供と、その親たちがいるのにスケジュールどおり運ぶって!!!
こちとら毎日同じ時間に登園させるのだって苦労するのに!!

まさにプロの仕事を間近でみた瞬間でした。



その他雑感。
・おにいさんもおねえさんも細い!!テレビで見るよりずっと華奢。
・パントをやる子は、歌も体操も元気よくできた子から選ばれた気がする
・子供達が入る前に、大人たちがどんだけ綿密にリハーサルやってるんだろうか。
・NHKの建物内、いたるところにタバコの自販機があって「業界だなぁ〜」と思った。



そんなわけで、次回もがんばるぞい!
次女が3歳を迎えたその日から、また応募するぞー!!おー!!!

「おかあさんといっしょ」収録参加話し、長々とおつきあいありがとうございました!

「おかあさんといっしょ」収録参加話しです。

今回は収録とちょっとズレる話し。


実際に収録に参加してみて、わかったことが一つあります。
それは"壁の花になってる子は何を見ているのか"ということ。

壁の花というのは、みんながブンバボーン!とやっている時に、参加せず壁に張り付いている子たちのことで、だいたい一回の放送で一人から三人くらいいます。(もちろん、いない日もある)


馴染めないのかな?とか見知らぬところで不安なのかな?と思っていたんですが「そりゃそうだ」と。

スタジオにはおにいさん・おねえさんだけでなく、たくさんの大人がいます。
見たこともない大きなカメラが何台もこっちを見ています。
クレーンにつるされた変な棒(集音マイク)もあります。
セットの中は明るくカラフルですが、カメラに映らない部分は色もなく剥き出しで虚無のようです。
初めて触れる情報がたくさん目の前に並んでいるのに、親もそばにおらず不安でしょう。
そんな中、陽気に「ブンバボーン!!」なんて気分になれない子が出るのは、仕方ない話しです。


長女が参加した回には、壁の花になる子はいなかったのですが、それはムードメーカーだった男の子たちがいたからだと思います。
クレヨンしんちゃんみたいな自由系男子が3人ほどおりまして、その子達が率先して他のみんなを(ムードの面で)引っ張っていたように思います。
だから、セットの外のスタジオ部分にまで意識が行く暇もなく、歌や体操に集中できたのではないかと。

どんな子と撮影がいっしょになるかは運だし巡り合わせでしかありませんが、良い回に当たったのかもしれません。



「おかあさんといっしょ」収録参加話しです。



おかあさんといっしょのエンディングで落ちてくる風船は、お土産としてもらえます。
テレビではわかりづらいですが、ガラピコぷーが印刷されています。


なお、事前に説明があったのですが…



ザワつく親たち


そりゃ「え!?割るの???」ってなるよね。
実際は口がいい塩梅で結んであり、ほどいて空気を抜くことができるようになっていました。

あービックリした。

「おかあさんといっしょ」収録参加話しです。
今回は長女の様子を。

ーーーーー


長女は、普段指しゃぶりをしません。

ただ、3歳頃から不安を感じた(と思われる)時に指しゃぶりをするようになりました。



当日、一通りの説明を受けて子供だけになったあと…








指しゃぶりというより手しゃぶり!!

慣れない場所で母と離れ不安だったようです。
ただ、それも本番前の話し。
本番がはじまったら今度は周りを見る余裕がでたのか、キョロキョロ。さらにあくびまで…



母は、そのうち鼻クソほじり出すんじゃないかとハラハラしました。


大丈夫でした。

「おかあさんといっしょ」収録参加話しです。



当日、スタジオに入る前に注意事項が書かれた紙が渡されました。

その紙には、放送日も書いてあり、そこには「10月x日(水)」の文字が!!



やったーO(≧∇≦)O

かぞえてんぐの日だー!!!!!

水曜日はかぞえてんぐの日!


長女はひらがなは読めますが、しりとりの概念は理解しておらず、「しりとり列車」だったらどうしようか…と内心ドキドキしていました。


それが、なんと大好きなかぞえてんぐですよ!!!ヤッフー!


あ、ちなみにかぞえてんぐが好きなのは母です。


至近距離で生かぞえてんぐ!!

木村拓哉が至近距離にいても「フーン(´-`)」ですが、かぞえてんぐが至近距離にいる状況は「キャーヽ(;▽;)ノ」ですよ!
声出さないように必死でしたよ!

このページのトップヘ