飼い主に手を噛まれたよ!~2nd season~

へっぽこ母さんが、働いたり育児したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

カテゴリ: 季節の事柄

あけましておめでとうございます。
今年は酉年ということで、在りし日の文鳥たちから…




私の今年の目標ですが
・筋肉トレーニングを頑張る
・ちゃんと叱る

の二本柱でいきたいと思います。

筋肉トレーニングについて
もうね、痩せるについては諦めました。かわりに、身体を引き締めます。
毎日筋トレを目標にします。

ちゃんと叱る、について
子供を叱ると長女に「お母さんどうしたの?怒りたくなったの?」と言われたり「お母さんは先生じゃないんだから怒らないで!」と言われます。
叱ってないのかな…確かに甘いのですよ。優しいのとは違う、甘いなんです。叱るって難しいのよね。


そんな日々悩みながら過ごしているキョウコのブログを、今年もよろしくお願いします。



毎年年末になると言っているような気がしますが。


年賀はがきが大好きです


10代、20代のころは考えられませんでしたが、
年一回、この年賀はがきで音信を確かめ合う友人がすでに何人かいます。
 



写真つき年賀状は特に大好きです。
批判的な意見も多いですが、私は「もらって楽しい」と思っている方です。
できれば友人本人が写っているのが理想ですが、子供だけの写真も嬉しいです。
ペットの写真も大歓迎さ!!!


もらって困るのが、喪中はがきですね。
正確には、誰が亡くなったのか書かれていない喪中はがきです。

4年前に届いた喪中はがきは、それこそ年一回年賀で音信を確かめ合う友人の一人で、私の幼なじみからでした。
同じ団地に住んでいて、私達が同じ歳で、彼女の兄と私の姉が同じ歳だったこともあり、それこそ赤ちゃんのころから一緒だったのです。
5歳ごろに引っ越しで離れてしまいましたが、それでも数年に一回は手紙で・・・と、途切れそうになりながらもつながっていました。
お互いに結婚した年が同じだったことから、年賀のやりとりがスタート。以降は毎年年賀でお互いの音信を確かめ合っていました。

そんな彼女からの、誰が亡くなったのか書かれていない喪中はがき…。

そこには、思い当たる人が一人…。

でも、「あの時の喪中はがき、あれって・・・」とは聞けない。
聞けないんですよ。聞いたら、それこそ音信途絶えそうで。

ひょっとしたら対象になる人が複数いて、全部書くと縁起悪い感じがするから、とかかもしれませんが。
出来る限り、"誰が亡くなっての喪中なのか"は書いてあって欲しいのであります。 


ホント、すっげーモヤモヤするから!





余談ですが。
喪中って、もう喪中はがきだけの存在になってますよね。
喪中でも普通に初詣行くし、お節も食べるし、ですよね。
東京だけ?

 

実家近所にある公園をお散歩していたところ、長女が妙なものを見つけました。




猫でもいたのかなと覗いてみると、そこにあったのがこちら。





森獣 という作品だそうです。





どうも芸術作品を屋外展示するイベントをやっていたようで、あちらこちらに作品がありました。








「釣れますかー」










え?電柱じゃないの?これも作品なの?



お…おう…












これはあれだ、お寿司とかに入ってる…

説明を読むと、自然と非自然の境界みたいなことらしい…








ゲージュツ…ムツカシイネ。







そんななか、一つの作品がとても気になった長女。








その作品がこちらです。































串刺しにされたリス…ではなくカマイタチだそうです。



カマイタチ…






こちらの公園、レアポケモンの巣みたいで人がいっぱいなんですが、この展示に気づいている人は少ないようで残念でした。

他にも面白い展示があったので、ポケモンゲットがてらでもいいので覗いてみてください〜



場所:武蔵国分寺公園






このページのトップヘ