飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

フルタイムで働くアラフォーが、母したり妻したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

カテゴリ: 季節の事柄


先日、バレンタインというイベントをはじめて知った長女。


FullSizeRender



なぜなにモードのときは、おそらく「会話を楽しんでいるだけで、内容にはさして興味がない」のかもしれない・・・と思いつつ、雑学好きとしては説明を疎かにしたくなくて、最終的に収集がつかない


おそらく長女の知りたかったのは「バレンタインはなぜチョコを渡す日なのか」という部分だと思うけど。
それについては母も知らない。


 

それは2月13日のこと。


保育園から「チョコレートを持ってきてはいけません」と、園児にも保護者にも、強めのお達しがあった。

FullSizeRender




FullSizeRender


バレンタイン知らなかったかー

って、よく考えたら教えてないわ


なぜ“一度もそんなことしてない”のに、先生から注意を受けるのかと怒っていた長女。

いつから「友チョコ」だの「義理チョコ」だの「本命チョコ」だのにワキャワキャしはじめるのだろうか。




去年はダイエットを頑張ったので、一昨年のピーク時と比べると8キロ、去年1年間でも5キロ以上痩せました。
そんなわけで、年賀状には「5キロ痩せましたよ!」と自信満々に書きました。

IMG_0324


我が家は毎年家族写真付きの年賀状なのですが、去年の年賀状と比べて見た目には変わっているようには見えません。もともとふくよかなので、5キロくらい誤差の範囲なのかも・・・。まぁ、されど5キロ。そう思いながら5キロ痩せたことを誇らしげに記載していたわけです。




そんななか、いただいた年賀の中に一名「去年は15キロ痩せました」のツワモノが・・・




15キロて!!!

私の5キロが完全に木っ端じゃないですか!!

FullSizeRender


ら・・・来年の年賀状のときは、見た目にも変わっているようにがんばります・・・

今年の目標も引き続きダイエットでございますよん。






 

今年は長女にとって、最後の保育園の運動会・・・ということで、双方の実家が見に来てくれることになりました。

せっかくなので、仕出しの美味しいお弁当を発注しようとしたのですが、大将が”手作り”を強く要望・・・。私が手作りすることに。

元気なシニアと、ダイエッターと、ちびっこを満足させるという献立の難易度の高さよ…
しかも運動会のある週は仕事が忙しい&帰宅後ワンオペな週でして、運動会当日に早起きしてお弁当の支度などできそうにありません。
結局、3日前から毎日1〜2品のストックおかずを作って、少しずつ準備にかかることにしました。

金曜日に至っては、冷蔵庫にはおかずがいっぱいあるのに、晩ごはんはカップラーメンというねじれが生ずる我が家の食卓。

FullSizeRender
子どもたちは大喜びです

そんなわけで、なんとか出来上がったお弁当がこちらです。

FullSizeRender



<お弁当の献立>
・からあげ(冷凍)
・ブロッコリーとエビの塩炒め
・ほうれん草しゅうまい(冷凍)
・ピーマンの焼きびたし
・蒸し舞茸のバター醤油あえ
・たまごサラダ
・ごぼうのペペロンチーノ
・ミニトマト
・大根の梅酢漬け
※上記献立のうち、子どもたちの食べそうなものを専用弁当箱に詰めて子供用弁当に

料理が苦手で、料理の献立考えるのもめっちゃ苦手で、料理の段取りも苦手ななかよく頑張った!と、自分で自分を褒めちぎります。

なお、主食部分はコンビニのおにぎりで勘弁してもらいました。




来年は、長女が小学校にあがります。
つまりは、運動会が小学校と保育園の2回あることに!!!

・・・・どちらかのお弁当は大将に作ってもらおう。そうしよう。







近所に、商店街のイベントや、町内会の寄り合いが行われる施設があるのですが、そこの屋上にプールがありました。

嬉しいことに、保護者は着衣のままプールサイドに入れるそうで。この三連休はいいプール日和だったので、子供達を連れて行ってきました。
25メートルプールと幼児用の水深の低いプールがあるだけですが、我が家には充分です。

水遊びの大好きな子供たちは大喜び!

FullSizeRender
姉妹による遊び方の違い


連れてきて良かったなぁ〜と思っていたのですが…


こっちは超過酷!炎天下サドンデス​状態。

外気温が高いところに、プールサイドはジリジリ焼かれ、照り返しも半端ない。


FullSizeRender


プールサイドにいるだけで、奪われる水分と体力。水に入ってないのに、子供たちと同じくらい濡れてるという…(汗っかきなもんで)


見守ってる方が倒れるレベルだった。

このページのトップヘ