飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

フルタイムで働くアラフォーが、母したり妻したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

カテゴリ: 海外ドラマ

フラーハウス シーズン5
第六話 市長の大切なペット

あらすじ
DJがスティーブとデートに行こうとすると、マットが往診の予定を入れてしまうが、相手はサンフランシスコ市長のサイチョウだった。
ラモーナはイーサン(配達ボーイ)とデートに行こうとするが、フェルナンドとキミーが”ギブラー・ゲーム・ナイト”を開催してデートを阻止しようとする。
ステフは仕事と母業の両立に悩んでいた。 


::感想::
スティーブと、ファミリーのメンバーとの距離のとり方がいい。
子供たちに対して父親のように振る舞うことは無いけど、子どもたちも「ママの彼氏」としてスティーブを受け入れている。ステフやキミーには、古い友人の一人として信頼されている。

メンバーの全員が全力で避ける”ギブラー・ゲーム・ナイト”。私は、どちらかといえばちょっと参加してみたい。


::気になったセリフ::
「姉妹都市のマニラから贈られたのよ。」
→サイチョウを飼っている理由について。
 本当にサンフランシスコの姉妹都市がマニラだった。



フラーハウス シーズン5
第七話 40歳になったDJの誕生日レース

::あらすじ::
40歳の誕生日をみんなで祝おうと、スティーブが”アメージング・レース”を企画する。
女性チームと男性チームでレースをして、勝利した方には素敵な賞品が待っているという。
ステフとキミーは、ゴールではプロポーズが待っているのでは?と予想し、DJもだんだんその気になっていく。


::感想::
母であっても、彼氏という存在が自然と受け入れられているのいいな。
日本だとシングルマザーは離別・死別にかかわらず「まず子供が先でしょ?」で、ママの恋愛はどこかご法度の部分がある(ような気がする)。
スティーブからの贈り物もよかった。今回のは2本とも「やっぱりDJはマットじゃなくてスティーブを選んで正解だったなぁ」な回でした。

::気になった言葉::
「アメージング・レース」
→アメリカの人気番組らしい。出されるお題をこなしながら、ゴールを目指す。


「ティンダー使ってるとよく会うタイプ」
→ここの街は変な人が多いという結論に至ったDJに、ステフがかけた言葉。
→ティンダーはアメリカでは主流の出会い系アプリらしい。





フラーハウス シーズン5
第四話 ママたちの夜遊び

:あらすじ:
シーズン1の3話で、DJをステフとキミーが連れ出したように、母業で忙しいステフを夜遊びに連れ出すDJとキミー(とジア)。
ところが、ナイトクラブはいつの間にかダンス禁止になり、きらびやかな服を着た客がお酒とダンスを楽しむ店から、地味な客がモソモソとサンドイッチを食べる店になってしまっていた。
一方、子守をする男性陣。ジアと結婚したマットは、ジアの娘ロッキーと仲良くなろうと試みるも、ロッキーは3人目となる義父にそうやすやす心を開くことはなかった。また、ジャクソンもなんとかロッキーとの関係を修復しようとする。


:感想:
シーズン1の3話オマージュ作品。母になると”あえて”自分の時間を作らないと、自分の時間なんてないものね。ナイトクラブではんこを押す前のDJのセリフも、母の叫びとしてよく分かる。私も服を前後ろで仕事してたことあるしw。

左がシーズン1の3話。右がシーズン5の4話(今作)。





フラーハウス シーズン5
第五話 フラーチームでレディー・ゴー

:あらすじ:
歴史クラスの飛び級試験に合格していたジャクソン。ところが、試験を受けていたことすら知らなかったDJは、ジャクソンと飛び級について話そうとするも、うまく会話にならない。そこで、ステフとキミーのすすめで、ジャクソンと同じ趣味(オンラインゲーム)をしてみることに。
ジミーとフェルナンドのお店は、手違いから予定より一週間早いオープンになってしまった。慌てて準備をするも、いろいろ間に合わずにピンチに。


:感想:
私もあのブラウスはやめたほうがいいと思う。





今回のどちらの話にも出演していないのだけど。コメット役のレトリバー犬が手術後の合併症で亡くなったそうです。わずか四歳! まだまだ若いのに。。。(´;ω;`)





フラーハウス シーズン5
第二話 隠れた才能が大爆発

::あらすじ::
スティーブとのデートで料理教室行ったDJたち。「料理なんて毎日やってるのに・・・」とイマイチ乗り気じゃなかったが、フランス料理の上級者コースでなかなかの難易度。ところが、意外にもスティーブが”食べる”以外の才能を発揮して・・・
ラモーナが料理の配達員に一目惚れしてしまう。応援するキミーに、妨害するフェルナンド。
マックスとルネッサンスフェアに行く約束をしていたことを、赤ちゃんの世話が忙しくてすっかり忘れていたステフ。いざ出発しようとするも、なかなか前に進まず、マックスはへそを曲げてしまう。


::感想::
フェルナンドはレーサーという設定だったけど、まさかF1レーサーだったとは。
え・・・F1レーサーってもっとこう。。。。いやなんでもない。
そして自宅でルネッサンスができてしまうフラー家。そこはギブラースタイルのおかげだろうか。




フラーハウス シーズン5
第三話 ファミリービジネス

::あらすじ::
プロのカメラマンとして世界各地を飛び回っているジミー。だが、ステフからは自分のそばにいて一緒に子育てして、かつ子供のためにもしっかり稼いでほしいとい言われて混乱していた。
レーサーを引退して燃え尽き症候群気味なフェルナンド。
スティーブは、DJの頼みで、そんなジミーとフェルナンドの悩みを聞くことに。
ラモーナが配達員の彼のインスタグラムを眺めていたら、ちょっとした手違いで10年前の投稿にいいね!してしまい、「過去の投稿をみまくっていたのが相手にバレてしまう!」と焦る。



::感想::
「一緒にいてほしいけど、仕事してほしい」という気持ち、すごくよく分かる。そして子供が生まれると、いろいろなことの優先順位を変える必要があるのだけど、それはやらなければいけないのと同時に、とても勇気がいるのだ。

ジャクソンの”アホだけどいいお兄ちゃん”っぷりに磨きがかかってきた。いままでのタナー家にはいなかったタイプのキャラなので、今後どうなっていくのかな。今回が最終シーズンだけど・・・。



フルハウスの続編フラーハウスが、とうとう最終シーズンに…
さみしいよぅ。

シーズン4から1年経っていますが、ドラマ内の時間軸はシーズン4最終回のすぐ後(5日後くらい)です。


フラーハウス シーズン5
第一話 名前を決めるのも楽じゃない


:あらすじ:
フラー家に赤ちゃんがやってきた!
とはいえ、予定日より若干早く出てきてしまったので、まだ名前が決まっていません。ステフは「赤ちゃんと過ごすうちに自然と名前が浮かぶはず」と思っていたけど、雇ったベビーシッターの活躍もあって、赤ちゃんとなかなか一緒に過ごせないでいた。
代理出産という大仕事をこなしたキミーは、妊娠中に出来なかった飲酒やインラインスケートを楽しんでいた。ところが、出産という大役を終えたからこそ「もう誰にも必要とされていない」と、不安定に。
姪っ子の面倒を見る気満々だったDJは、ベビーシッターを雇われてしまったおかげで、自分の出番がないとショックを受ける。
赤ちゃんとの時間を作ろうと頑張る中で、お互いの思いを知った姉妹が出した答えは・・・

命名式の時、ステフは赤ちゃんに、これ以上ない素敵な名前を授ける。



:感想:
名前というのは、親から子への一番最初のプレゼントなのだなぁ。
フラーハウス(フルハウス)らしい、温かい家族の物語。
最終シーズンの第一話にふさわしいんじゃないでしょうか。


:気になった言葉:
8年分のホームビデオ
屋根裏で赤ちゃん用のガウンを探すも、フルハウスを観ていた人間にとっては懐かしい小物がザクザク。それらを一つずつ解説するマックスが、「なぜ知っているのか?」突っ込んだラモーナに返した言葉。そうか〜 8年もやっていたのか。









8年分のホームビデオがこちらです↓


フルハウス <シーズン1-8> DVD全巻セット(32枚組)
ジョン・ステイモス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-11-23







フラーハウス シーズン4 第十二話
せっかくのプロムに

::あらすじ::
プロムにロッキーを誘って行きたいジャクソン。ロッキーはプロムに乗り気じゃないが、ジャクソンの頼みで渋々付き合うことに。ラモーナは前回仲良くなったケイシーと一緒にプロムへ行く。
プロムの会場では、以前ラモーナのことをいじめていたシエナが、ラモーナの元カレのポプコを連れて、ラモーナと全く同じドレスを着て現れる。また、ケイシーは別の人といい雰囲気になり、ラモーナはプロムで一人になってしまう。
アメフトのメンバーと無理して騒ぐジャクソンは、その場の空気に流されて、ロッキーのことを悪く言ってしまうも、その背後にはロッキー本人が。ジャクソンも、プロムで一人に。
フェルナンドとジョーイはキミーとステフを審査員にして、チリ対決を始める。

::感想::
そういえばフルハウスの最後のエピソードは、DJがプロムに行くのに相手がいないって話(とミッシェルの記憶喪失の話)だったね。

プロム、海外ドラマではよく出てくるイベントで、「とても大事なイベントなんだなぁ」と思っていましたが、ロッキーの“なぜプロムが嫌か”なセリフを聞いていると、ナルホドそういう見方もあるのか、と。現代のアメリカの学生的には、まだまだ大事なイベントなのか、ロッキーのような考えも浸透しているのか気になりました。






フラーハウス シーズン4 第十三話
新たな始まりの夜

::あらすじ::
ミュージカル「ハミルトン」のチケットを入手したDJは、臨月で何かと衝突しがちなキミーとステフを誘い、三人で出かけることにした。
三人が出かけたのをいいことに、ジミーとフェルナンドは、遠く離れた美味しいサンドイッチ屋さんにマックスを連れて出かける。
ロッキーにプロムでのことを謝って、ヨリを戻したいジャクソン。でも、ロッキーは「プロムでのことは許すが、信用はできない」ときっぱり。
 
ハミルトン開演直前に破水したキミー。一幕は見ていきたいと粘るも撤収。
サンドイッチ屋直前で産気づいた連絡をもらったフェルナンドたち。あわてて病院に行くかと思いきや、ちゃっかりサンドイッチを買ってから病院に向かう。
そしてみんなの愛に包まれて、フラー家の新メンバーが誕生する。


::感想::
赤ちゃん、人形かと思いきや、動いてるーーーΣ(@д@)

今回、赤ちゃんの名前は未定のまま終わったので、次の最終シーズンの1話は名付けのゴタゴタあたりからスタートでしょうか。






このページのトップヘ