飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

へっぽこ母さんが、働いたり育児したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

カテゴリ: 海外ドラマ

gleeをファイナルシーズンまで見たので、ここらでgleeについて書こうと思いたちまして。

gleeは高校のグリー部(平たく言うと合唱部だけど自分の経験した合唱とはだいぶ違う)を描いたドラマで、高校生たちが自分のおかれた状況との戦いや、夢を目指して頑張る話です。毎回素晴らしい歌唱パフォーマンスを見せてくれます。

そんなドラマの魅力をうざくも語ります。


今回は、ベッキーについて。




ベッキーはダウン症の生徒で、演じている役者さんは実際にダウン症です。

ベッキーの役どころは、glee部を潰してその予算をチア部のものにしようと企むチア部コーチ、スー・シルベスターの子分(手下)。チア部の部員(マネージャー的役割)です。毎回スーの指令通りに、glee部の部員たちに数々の嫌がらせを行います。

初めて見たときの感想を素直に書くと「出していいの?」でした。
ダウン症の人を(それも悪役の手先として)出すなんて!いろんな意味で大丈夫なの? と。

ベッキーはgleeではサブキャラの一人ですが、私に大きなものを与えてくれたキャラクターです。
私はベッキーを見るまで、ダウン症の人がどのようなものかを知ることがありませんでした。身近にいなかったし、知ることも知ろうとすることもなかった。どこか"得体の知れないもの"のように感じていたのです。
でも、ベッキーは、ダウン症だって喜怒哀楽を、そして"愛"を表現できると教えてくれました。


理解したようなつもりでいた矢先の最終シーズン。
ベッキーに(ダウン症ではない)彼氏が出来るのですが、私はその彼氏に対して「ベッキーを食い物にしてるのではないか(裏があるのではないか)」と思ってました。でも実際彼氏は彼女のダウン症の部分を含めて”クールだ”と感じてそばにいたのです。そのことにショックをうけ、”ショックを受けた自分”にショックを受けました。そこにあるのは「健常者がダウン症の人間を好きになるはずがない」という思い込み。それは健常者とそうでないものの間の見えない線を、自分が引いていたことに他なりませんでした。

たくさんの気づきを与えてくれたベッキー。

ダウン症だって、何にでもなれる

歌ったり踊ったりは出来ないけど、ベッキー役のローレンが示してくれたのは、そんな一人の女性の姿でした。


Gleeを語る上では外せない、吹き替え俳優さんについても〜

ベッキーは原音ではちょっと独特なしゃべり方(声)をしているのですが、舌がもつれるような感じは再現しつつ、でも聞き取りづらくなく、やりすぎず、愛嬌のあるベッキーに仕上がっています。吹き替えキャストの選び方、演出、実際に演じている吹き替え俳優さんの演技、どれも素晴らしいです。

 



第9話「予定は未定」

::あらすじ::
youtubeにアップした動画が話題になったステフは、ダニーとベッキーが司会を担当する予定の番組で歌を披露する予定。
一方、DJはマットと初めての旅行に行く予定。
予定は未定。

感想
マットとの初めての旅行にドキドキのDJ。ところが子守役のジョーイが買ってきたドーナツに子供達(とジョーイとDJ)があたって、みんなでゲリピーに。
というかジョーイのところも子供4人いるのに、そっちはいいんですかね?
結局、旅行の予定をキャンセルしたマットがみんなを看病します。
マットが子供たち(とコスモ)と仲良くしてる姿に思うとこあるDJの表情が何とも言えません。
なお、ステフにくっついてロスに行くキミーとフェルナンド。お前らが残って子守してればこんな事態には.....というか、番組出演か旅行の日程をずらせよ

一方ロスのテレビ番組撮影現場。養子斡旋事務所の人がベッキーの職場訪問できており、ジェシーも付き添います。
余談ですが日本だと妻側が働いていると基本的に養子とれないのよね…。
隣のスタジオが「ポリスママ(フラーハウス世界の人気ドラマ)」の撮影所と聞いてワキャワキャするフェルナンド。養子斡旋事務所の人もポリスママが大好きと聞いて、ベッキーとジェシーが二人とステフを率いて隣のスタジオに案内します。が、みんなでセットの牢屋に閉じ込められてしまいます(お約束)。
そして、そのまま本番が始まる時間に…
スタジオではベッキーが現れないので急遽観覧席から代役をたてることに。
え?たてるの?素人に司会させちゃう?Σ('◉⌓◉’)
そして選ばれてないのにベッキーの代役で司会やっちゃうキミー。もちろん番組はメチャクチャです。
そりゃそうだよね!!(^○^)

今回は特別な日のエピソードではないけれど、フルハウスのメンバーも総出演で豪華な回でした。






第8話「でしゃばりもほどほどに」

::あらすじ::
小学校の課題発表の準備をしているマックス。そこに同級生の男の子親子が現れ、マックスの成果をバカにします。
腹をたてたDJが手を貸す(出す)のですが…

image



感想
そういえばDJはフルハウスだと秀才って設定だったね、ということを思い出す。そんなDJが本領発揮というか子供相手にやりすぎちゃいます。
晴れて(?)ローラと良い関係になったジャクソンは、ローラのペットであるタランチュラの"ブチ"を預かることに。当然逃します
全然関係ないけど、タランチュラって焼いて食べると海老の味がするんだって。一回本当か試してみたいものだ。

ステフはジミーあてに作った曲が思いのほか良い出来だったので、PVを作ってyou tubeにアップすることに。結果は「うざい」と酷評されますが、これがマジでうざい。吐き気をもよすほどに。
かわりにキミーがトミー(三男)とコスモ(犬)を使ってまったく同じ内容のPVを作ります。
これが反則級にかわいいいいいいいいい
動物と子供(それも大型犬と赤ちゃん)とか、もうズルすぎます!かわいい!フルバージョンで見たい!!!
ファーストシーズンでは影が薄かったトミーですが、歩けるようになったこともあって、今シーズンではニョキニョキ存在感を出しています。ニョキニョキ。

そんなステフの歌は、iTunesで絶賛配信中のようです。 







第七話「バンド再結成」

::あらすじ::
ジミーへ贈る曲を作ったステフは、以前ジェシープロデュースで活動したロックバンド、ガール・トークを再結成することに。


感想
フラーハウスにそんなエピソードあったっけねぇ、確かキミーのキーボードだけがやたら褒められるの。
当時ベースを担当したジア(ステフの悪友)が、今回も担当することに。でも、ステフに悪い遊びを教えたことにいい印象をもっていないDJは、 ジアと衝突してしまいます。
 一方、ジャクソンの悪友ポプコは、ラモーナをデートに誘います。ラモーナはまだ自分に気があると思っているようですが、もうすっかり吹っ切れているラモーナは、あっさり断ってしまいます。
友人の前で恥をかかされたと怒ったポプコが、ネットにラモーナをいじった動画をアップするのですが、ラモーナはこの動画を作ったのはジャクソンだと勘違い。
 家のあっちでもこっちでもケンカが発生してしまうフラー家・・・。

今回は、ジャクソンとラモーナが本当の兄妹のようになる回でした。前作だとまだ別の環境で育った、別の家庭の人間という感じのあったラモーナですが、今作ではすっかりフラー家の人間です。
ジャクソンの機転のおかげで、いろんなことに気づいたラモーナ。この二人に恋愛が生まれないことが不思議ですが、家のなかで恋愛生まれてもややこしいだけだもんな・・・。
長男ジャクソン、長女ラモーナ、次男マックス、三男トミー(あかちゃん)という4兄弟な体制のフラー家です。
そういえばフルハウスでは母親は完全に不在でしたが、今回のフラーハウスでは、キミーの夫フェルナンドが父親的ポジションにいます。このあたりは女性(母)では担えない役回りなのかな、と思ったり。



image


 

第6話 「感謝祭は完璧に」

::あらすじ::
感謝祭を祝うために、フルハウス、フラーハウスのみんなが大集合します。
(ただしミッシェルは除く)

感想
シーズン2はじまって6話目でようやくミドルたちの登場です。そんなわけでオープニング映像も特別編。ジェシーとベッキーはバケモノか、というくらい年取ってないね…。
そんなジェシーとベッキーは、何やらケンカ中。どうやら養子を迎えたいベッキーと、年齢を考えると乗り気になれないジェシーで意見が分かれているようです。
フラーハウスのみんなは「迎えたらいいじゃん!」「ぜひ迎えなよ」というノリ。
この辺りのアメリカのおおらかさ(?)には驚かされますね。そして宗教の持つ良い面だと思います。
それから、ジョーイは嫁と子供4人を連れて登場です。…って、嫁いたんだ!∑(゚Д゚)
ファーストシーズンでは嫁と子供は影も形もなかったので、いたことにビックリ。
そしてジョーイ流の躾のおかげか、やりたい放題のキッズたち…。
うーむ、すべてがジョーイ流子育てとなると、こう育つのね。 
そして一人違和感かもしまくりのダニー。なんだかヤンキーなノリで(ヤンキーってそもそもアメリカ人を指す言葉だっけ)、フェラーリに乗ってやってきて、葉巻をふかしています。
再婚相手の影響か?!と思ったら、命の危機に直面して、自分の人生を改めて考えてしまったようです…。
パパが人生で残した素晴らしいものが、ここにあるじゃない とDJ。
これにはちょっと現実ともリンクしてウルッとしちゃいます。
女優業を引退していたキミー、夫からのDVや薬への依存と戦っていたステフなどが、もう一度表舞台に上がってこれたのは、このフルハウスという素晴らしい家族あってのことですからね…。
 
ミシェルをのぞく家族みんなが揃っての感謝祭の食事シーンは、「あぁ、家族っていろいろあるけど、やっぱりいいものだな」と感じさせてくれる、とてもよいシーンでした。
キャストからミッシェルへのメッセージのようなセリフもあって、ニヤッとしちゃいます。

来年こそは、ちょっとでもいいので顔を見せてほしいな・・・





そう、来年。3rdシーズンも制作決定です!!!

ワァ───ヽ(*゚∀゚*)ノ───イ


 

このページのトップヘ