飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

フルタイムで働くアラフォーが、母したり妻したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

カテゴリ: お出かけ

お友達家族3組と、伊豆半島でキャンプしてきました。
今回ははじめて海のそばのキャンプ場でして、朝市で海産物を買って炭火で焼いたり、伊豆ぐらんぱる公園で遊んだり、伊豆を満喫してきました。


海を挟んだ向かい側の千葉県がえらいことになっている今回の台風。当然こちらも無傷ではなく、キャンプ場内のいたるところに、台風の爪痕が残っていました。


FullSizeRender


また、海に近いせいか、キャンプ場は常に風が強くて、ネコバスが10台くらいで走り回っているかのような状態でした。火は煽られるわ、タープは飛ばされそうになるわ、イガグリが降ってくるわ。風の音は夜になるといっそう耳に届き、夜中に何度も目がさめるほど。
あまりにも風が強いので、折れた枝が落ちてくる(飛んでくる)のでは…と、なかなかスリリングな夜を過ごしました。


FullSizeRender



まぁ・・・・大自然を満喫したということですね!





この夏は、子供達だけで実家に泊まりに行きました。それも2泊。

実家には私の姉がおり、姉にサマーランドあそびマーレに連れて行ってもらったり、かわいいサンダルを買ってもらったりと、充実した夏休みを過ごしたようです。

親の方はというと、ふつうに仕事でした。

仕事でしたが…


FullSizeRender




FullSizeRender



仕事終わりに夫と舞浜駅で待ち合わせ、アフターシックスパスポート(の夏休み版)で入園です。

ディズニーシーでお酒を飲みながらシットリ…ではなく



ランドを遊び倒すぜ!!!

FullSizeRender

夏休み期間ですので、夕方入園でもだいぶ混んでいましたが、子供のいる時と違ってフットワーク軽くいけます。

アトラクションに並びながら夕飯をすませ、パレードは後方で立ち見。パレード終わったらダッシュでアトラクション。時間ギリギリまで活動しました。

そんなわけで乗ったもの(カッコ内は待ち時間)
【20】カリブの海賊
【15】イッツ・ア・スモールワールド
【15】ホーンテッドマンション
【40】ハニーハント
【50】スペースマウンテン
【20】ビッグサンダーマウンテン

もちろんパレードも見ましたよ!

IMG_2718




帰ったら深夜で、次の日はふつうに仕事だったけど、自分のことだけすればいいので、疲れも苦になりませんでした。


子供と楽しむディズニーもいいけど、たまには夫婦でディズニーデートもいいものです。
ビッグサンダーマウンテンから見えた夜景を、再び見られるようになるのは、何年後かな〜




それは今回のキャンプでの出来事です…


キャンプ場について、親がテントを張っている間、子供達はタープの下においたテーブルセットで、お菓子を食べていたんですよ。


今回はグルキャンだったので、子供同士で多少わちゃついてはいたんですが、親も「大人しくしてくれてるからいいか」くらいの気持ちでいたんですよね…


子供達はおやつを一通り食べたあと、キャンプ場の遊具で遊び始めたんですね。


親はテントを張り終わり、一息ついてタープの下にある椅子に腰かけたんですよ。日差しもきつかったし、汗だくですよこっちは。

そしたらね、目の端に何か動くものが見えるんですよ。


テーブルの上でね、ぞわぞわと何かが動いてるんですよ。おかしぃな〜変だな〜と思って、目を凝らしてよくみるとね…





うじゃうじゃと蠢く小さく黒い物体の集団が。


IMG_2736




テーブル一面ありの軍団だったんですよ。


お菓子のかけらがテーブルにこぼれていたんですね〜。そんな甘い匂いを、アリたちは速攻で見つけたらしいんですよ。

アリさん仕事早すぎて、びっくりしちゃいましたよ。



子連れ初心者キャンパーの、キャンプ場レポートです。
今回はこちら。
 


スキー場を利用したキャンプ場で、冬場は「軽井沢スノーパーク」というスキー場だそうです。


サイト全般

完全フリーサイト(好きなところに好きなように設営して良い)でした。
スキー場なので、ゆるく傾斜がついており、場所選びは重要です。
水場に近いところは低い場所なので、雨が降った時ぬかるんでしまい、水場から遠ざかると不便…


IMG_2667

水回り

炊事場は、スキー場で運営してる時はレストランの調理場なのかな?という場所でした。お湯が出ます。
炊事場のほかに外に水場があり、こちらは水が出っぱなしの管が3本あります。水は冷たくて気持ちよかったです。井戸水なのかな。

トイレは女子用1つ、男女共用が2つの合計3つ。スキーウェアで利用することを考慮してか、個室のスペースは広めでした。洋式で温水洗浄付き。トイレもきれいです。

シャワーやお風呂はありません。徒歩3分にある隣のホテルのお風呂を、優待価格で使わせてもらえます。
優待価格は大人1000円、子供は500円、タオルが1枚付きます。お風呂はバブル風呂や露天風呂がありました。
お風呂にはアメニティあり。化粧水やドライヤー、BBクリームもありました。また、風呂場にはベビーチェアやベビーバス、ベビー石鹸も。


遊び場

小高い丘の上に、大きなベンチタイプのブランコがあります。これが最高に気持ちいい。

IMG_2602


ブランコの後方には手作り感溢れるアスレチックがあります。

IMG_2598
手作りターザンロープのスリリングさ

また、キャンプ場入り口付近に遊び場エリアがあり、グローブやバトミントン、ストライダーなどを無料で貸し出しています。

IMG_2682
傾斜があるので、
ストライダーは注意

売店

小さいながらも充実しており、ガス缶や氷なども置いてあります。薪はやや太め。
また、おつまみ系缶詰や、春雨スープのバラ売りなど、“ちょっとしたもの“があるのが嬉しい〜。
IMG_2679

IMG_2680

IMG_2678
春雨スープはカップもつけてくれます

IMG_2681
工作キットも!

自動販売機も多く、冷たい飲み物のほかあったかいコーヒー、スープ、しるこもあり。
お酒の自販機も1台あり、チューハイ、ビール、アルコールフリービール(ドライゼロ)がありました。(補充頻度は多くないのか売り切れ多し)


そのほか

フリーサイトだからか、グループキャンプでの利用が多かったです。また、ライダーも多く、いろんなバイクが見られました。
テントや焚き火台など一式揃ってもバイクに積めるサイズにおさめる、ライダー勢の荷物パッキング術を教わりたいぜ…





全国250万乙女のうちの一人、キョウコです。
急に夏が本気出してきて暑さにバテたり、上司にイラついたり、夏休みが始まって学童用のお弁当に頭を悩めたりしていますが、私は元気です。

FullSizeRender

そんなわけで新宿タカシマヤで開催中の「りぼん展」、私が読んでいた時代がメインの展示ということで行ってきました。



一歩入ると、そこには小学生時代の私の本棚か?と錯覚しそうなラインナップが。



IMG_2489
IMG_2492


当時はお小遣いの殆どを漫画に費やしていたなぁ・・・。



当時の表紙や扉を飾った生原稿や、今回のための書き下ろしイラストなどが展示されていて、懐かしい友人に会いに行ったような、そんな不思議な感覚になれる展示でした。


IMG_2516
柊あおい先生の塗るこの緑が
たまらなく好きだった


りぼんというと、だいたいは池野恋先生(ときめきトゥナイト)や吉住渉先生(マーマレード・ボーイ)、一条ゆかり先生が取り上げられることが多いのですが、今回は岡田あ〜みん先生も取り上げられるということで足を運びました。
矢沢あい先生のような、さくらももこ先生のような、万人が知るヒット作ではなかったかもしれませんが、濃いぃファンが付いているのが岡田あ〜みん大先生なのです。

IMG_2507
地獄の底からボンソワール
勝気なお前はボンドガール


展示は、コミックスには収録されなかった番外編の原稿でした。(のちに新装版で追加されたやつ)
そして先生からのコメントや描き下ろしイラストなどはなく・・・。
編集部に残っていた生原稿だったのかな…


IMG_2514
でもルイがいる!


当日券を買うと日替わりで各作品のしおりがついてくるのですが、当然これ狙いで行きましたよ!!

FullSizeRender


現在は漫画家を引退しているそうですが、またいつか筆をとってくれないだろうか・・・
もう一度あのあ〜みんワールドを体験したいよう・・・


りぼん展の物販は、りぼん展の中に入らなくても購入することができます。そのせいか、売り切れもだいぶ目立ちました・・・。ようやく推しにお金を使えるようになったのに!!!

FullSizeRender


ルナティック雑技団のグッズで唯一残っていたランチトートを買って、会場を後にしたのでした。





このページのトップヘ