飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

へっぽこ母さんが、働いたり育児したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

カテゴリ: お出かけ

夏休みを利用して、西武遊園地に行ってきました。
といっても、乗り物に乗るのがメインではなく、プールです。

そして遊園地のプールではなく、メルヘンタウンのプールです。
(西武園の中にメルヘンタウンがあって、メルヘンタウンにプールがあるのです)

キティのウォーターパークという名前だそうです。

image
こんな感じ。ちびっことキャッキャと過ごすならこちらで充分

遊園地のプールは、朝からチケット売り場が長蛇の列になるほど混んでいますが、こちらは未就学児をつれた家族連れくらいしかいないので、比較的過ごしやすいです。

水深も、一番大きいプールで大人の膝の高さくらいしかないです。

そんなわけで

ウォーターパークにいくならおすすめしたいこと3選
・入場は中央口から
・有料席を買って損はない
・親も濡れておけ



入場は中央口から
西武園には3箇所入園口があり、西口、東口、中央口とあります。
中央口が一番メルヘンタウンに近く、スムーズに入園でき、おすすめです。
東口はプール入園口で、夏場は大変混雑します。
西口はアーケード通りに一番近い入園口ですが、そのアーケードが先日(2017年5月)火事になり、アーケード内の乗り物が稼働してないこともあって、利用者は少ないです。さらに、標高が高い場所にあり、帰りに疲れた身体で坂を登らなくてはいけなくなります。逆に言えば、並ばず入れます。
なお、中央口に一番近い駐車場は中央駐車場です。

有料席を買って損はない
メルヘンタウンがある場所は、昔は池でした(水に向かって坂を落ちるウォーターシュートというアトラクションがあったんだよ)。そのため、山の中にある遊園地であるにも関わらず、メルヘンタウンのあたりに木陰がありません。数少ない日陰も機械が置いてあって立ち入り禁止だったり、競争率が激しかったりします。炎天下では立っているだけでも体力を消耗します。パラソル付きの有料席は子どものためにも、大人のためにも必要です。(メルヘンタウン内は、サンシェードもレジャーシートも不可なのです)
有料席専用の無料ロッカーも付いているし、そこでお弁当広げて食べられるし、いいよ。座敷タイプだと昼寝してる子もいたよ。

親も濡れておけ
ウォーターパーク内は、親は水着でなくてもプールにざぶざぶ入らなければ普段着のままでいられます。入っても、膝の高さくらいの水深なので、短パンなら問題なく入れます。
プールだけでなく、泡が落ちてくるプールや、冷たいミストが吹き出すエリアもあります。コドモと一緒に濡れておくと、涼しいし、何より楽しいです。



image
躊躇ないビキニ姿が眩しかったです。
男性も、鍛えられた筋肉を惜しげもなく晒していました。



image
ニッセ○だと10Lまであるよ!


なお、悩みどころはチケットです。
夏の一日券だとプール券いらないんだけど、乗り物も乗りたいから個別に買うと高くなるしな〜。。。。


とっても暑かったので、涼を求めて野川公園に行きました。


まずは湧水広場へ。
湧水広場は、水が湧き出してすぐのポイントで、冷たくて気持ちいい場所です。

が、今年は驚くほど水が少ない。

去年は大人のくるぶし位まであったでしょうか。今年は大きな水たまり程度。



また、流れもわずかで澱んでおり、あまり綺麗じゃありません…

梅雨に雨が少なかった影響でしょうか…


野川本流に場所を移動してみたところ、こちらも水量が少ない印象。なにより、川に入ってビックリ。「源泉は何処ですか!?」と聴きたくなるような水温でした。



涼がどっか行っちゃった…

さて、一時間2000円と、動物系カフェにしては高めの値段設定でしたが、その価値は…


ありました。

::良い点::
・店内は綺麗で、動物特有の匂いがない
・どの子も毛艶がよく健康的
・予約制なので待たない 

動物(それも肉食の)があれだけいる環境で、匂いがほとんどないのは凄い!の一言です。
どれだけ清潔に気を使っているのかがわかります。

注意点としては「anytime poo」です。
鳥なので、ウンコ爆弾はご愛嬌。
(店員さんが外国の方に説明するときに「anytime poo」とおっしゃっていて、その響きが気に入ってしまった。えにたいむぷー。いつでもうんこ。)

私も大将も爆弾を食らいました。
洋服についても、固形石鹸+もみ洗いで落ちましたのでご安心を。
(某徹底クレンジング洗浄な洗剤+洗濯機では落ちきらなかった。誰か挑戦状はよ)



財布に余裕があれば毎週通いたい。そしてヨシノリくんに顔を覚えてもらいたい…
ハッ!!これがホストクラブに通う女の心境か!!!







余談ですが、大将とは「いつかフクロウを飼ってみたいねぇ」と話していたんですが・・・


駄目みたいです・・・




たくさんいるフクロウたちの中で、私が「連れて帰りたい!」と思った子がいます。

ヨシノリ君です。



この子は、この日いたフクロウの中で唯一積極的に撫でさせてくれました。
さらに頭を突き出して「もっと撫でれ」のポーズも!!(文鳥だともっと撫でれなんですが、フクロウでもそうなのかは不明。そうだといいな)



さらに隣のフクロウとラブラブ羽繕いと、猛禽類だということを忘れさせる可愛さ!!!

イチャイチャ
ラブラブ


たまりません。連れて帰りたいぜ。

手に載せたゴリラくんと比べるとかなり小さいですが、これでも大人のサイズなのですん。

次回で最後です。
続きます。

前回の続きです。

ゴリラ君にお戻りいただいた後、別のお客さんが肩に乗せているのをみて、私も肩乗りさせたくなりました。

お店の人に「肩乗りフクロウしたいです」と申し入れると、肩乗りできる子は限られているそう。
数少ない肩乗りフクロウから、カツオくんに肩乗りしてもらうことにしました。

頰にほんのりフクロウの体温を感じます。


すると肩から頭に乗られ…


頭上でドヤ顔!


頭上フクロウはトキメクね。


頭乗りフクロウは、肩乗りフクロウさんの気まぐれによって発生するのです。
(カツオくんは高確率で頭フクロウになるらしい。乗られたい方はカツオくんご指名がいいと思うよ)

こちらは大将の頭に乗ったもんじゃくん



続きます!

このページのトップヘ