飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

フルタイムで働くアラフォーが、母したり妻したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

カテゴリ: お出かけ

前回の続き。カイボリ中の井の頭公園での出来事。

カイボリ中の井の頭公園には、都内では珍しい鳥を目にすることができました。
コーフンして写真を撮っていると、忍び寄る影が…

FullSizeRender



FullSizeRender


目が命だそうです。
そして逆光だとその目がうまく写らないそうで…


って残念!
スマホのカメラだから、そもそもそこまで撮れないのでした。


残念な鳥画像たち。

IMG_5905


アオサギは大型の鳥で、おそらく隣に並んだらうちの次女と同じくらいのサイズではないかと思われ。

この中↓に2羽、サギが写っています。

IMG_5845


順光で撮ったアオジ(と思われる鳥)。

IMG_5869

スマホのカメラでは、順光でもこの程度なのでした。










井の頭公園で今年もカイボリを行うというので、見に行ってきました。

FullSizeRender
楽しいのは母のみ

1月13日と14日は、池に残った生き物を捕まえる作業もやるとか。

IMG_5871
IMG_5845

テレ東の某番組で注目の「カイボリ」ですが、井の頭公園はこれが3度目。

井の頭公園100周年の記念事業だそうです。

tupera tupera展に行ってきた  後編です


本題のtupera tupera展についてです。



横須賀美術館に入ると、まずはしろくま君が出迎えてくれます(ここは写真OK)。




ツペラツペラ展では、絵本の原画などをじっくり鑑賞することができました。原画は絵本の紙の中で平面になる前の状態で、"同じ絵"なのに原画の持つ独特の雰囲気は"あったかさ"として伝わってきました。画材として使われている紙や布などの素材や、アクリル絵の具の発色などがそうさせているのでしょうか。絵本の挿絵として見たことがあるのに、ぜんぜん違う印象をうけます。


また、絵本が完成前の推敲の様子もラフとともに展示されており、個人的にはこちらも興味ぶかかったです(おならしりとりが特に。リリック)。


会場内には、「パンダ銭湯」でおなじみのパンダ湯が再現されており、こちらは写真撮影OK。
パンダたち(??)と一緒にお風呂に入ったりできます(人気の写真スポットのため、日曜日で10分くらい並びました)



image




image
パンダ湯でシャンプーする次女

展示をみていたら、私の大好きなビューティフルハミングバードのCDジャケットの元絵や、おかあさんといっしょ内で歌われた「ひみつのパレード」の原画(セル画?)も。これもツペラツペラの仕事だったのね〜。ひみつのパレードは歴代おかあさんといっしょの歌の中でも五本の指に入るくらい好きな歌なのです。


偉そうに「ツペラツペラ展に行ってきました」とか書いてますけど、実際は「横須賀美術館に行ったらツペラツペラ展だった」という、非常にラッキーな状況でした。

3歳と5歳にとっては、人生で初めての美術館。雨でせっかくの芝生のお庭や景色のいい屋上を満喫することはできませんでしたが、おならしりとりの歌をうたったり、床に投影されたおたまじゃくし(おばけ?)を追いかけたりして、「美術館楽しい」と思ってもらえたようです。




そして最後に。






おみやげにはぜひうんこしりとりマスキングテープ を!!! 使い所ないけど!!!


image








tupera tupera
絵本館
2013-08-15



ジャケットがツペラツペラ

ビューティフルハミングバード
Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)
2007-09-19


ひみつのパレードはこちらに収録(Netflixでもみられますよ)

この週末は観音崎にある横須賀美術館のtupera tupera展に行ってきました。


ツペラツペラさんについて簡単に説明しますと、絵本を描いたりしている男女デュオなアーティストさんです。

「おならしりとり」や「しろくまのパンツ」、「パンダ銭湯」などが知られています。また、無印良品でも取り扱われている「かおノート」や、Eテレの「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションもなさっています。




まず、横須賀美術館がオシャレ!!!(なんだこの感想)
建物がモダンで美しいです。この日は雨が降っていて残念でしたが、晴れていると海の青にものすごく映えそう。また、建物内に何箇所か丸い窓があり、館内を歩いていると不意に「海がまあるく切り取られた景色」が現れます。



一緒に行った方曰く「屋上からの景色も素晴らしい」とのことでしたが、雨風強くこの日は断念しました。
また、通常の展示物は大変モダンで、「うん、私には"現代芸術"がよくわからないことがわかったぞ!」と自信を持つに至りました。




(後編に続く:明日公開予定)



先日、実家のシニア二人がサンリオピューロランドにうちの3歳と5歳を連れて行ったところ、「二度と行かない」と言うほどに評価が低かったので、その理由を聞いてみました。



なお、うちのシニアの特性として
・混んでる場所は好きじゃない
・キャラクターに愛着はない
・ディズニーランドに行ったことがない
があります。
この3つ目が結構ネックかも。

シニアに聞いたピューロランドの微妙なところ
・高い
シニア2人と未就学児2人で入場すると13000円(シニア料金の案内はなかったそうだ)。飲食物もクオリティに比べて高い印象を受けたらしい。
・薄暗い
シニアは視力に不安があるからね!
・何で遊んだらいいかわからない。
乗り物は二つしかなく、一つはとても待っていたが、写真を撮るからという理由で、4人乗りに2人しか乗せないことが多く、イライラしたと。
・キティちゃんに会えなかった
キティはミュージカルにのみ出演で、そのミュージカルは40分公演で、しかも立ち見。40分立ち見はシニアに辛いね。



サイトを確認するとシニア割引があるようなのですが、うちのシニアはサイト見ないしね…。また、私自身ピューロランドに行ったことがなく、どう遊ばせたらいいかアドバイスもフォローもできなかったので、そもそもシニアと孫だけで行かせたのが間違いだったと言えます。

孫ことムスメたちは、シナモンやリボンに会えて喜んでいたので、そこは救いだったかな…。


このページのトップヘ