飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

フルタイムで働くアラフォーが、母したり妻したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

カテゴリ:自分のこと > 働く母

朝の通勤電車に乗れません。

電車の扉が閉まると、途端に言いようのない不安に襲われ、心臓の鼓動が痛いほどに早くなり、息苦しく、足も小刻みに震えて力が入らなくなってしまう…という症状が現れます。

去年の記事
朝の通勤電車がつらい。

それでも中央線は各駅停車に乗ることで、なんとか通勤できています。各駅は快速電車みたいに「駅と駅の間で5分以上停まる」とかがないので、不安症状も出にくいのです。
そのかわり最近「不安症状がでるかも」と気になって乗れなくなってしまったのが、地下鉄です。
四ツ谷から赤坂見附間が意外と停車するんですよね。。。そして窓の外の景色が真っ暗なせいか、余計に不安感がアップ。

そんなわけで、最近は地下鉄に乗らずに自転車に乗っています



ドコモと港区が共同で行っている「港区自転車シェアリング」で自転車を借りて、職場近くのポートまで、毎朝10分ほどのサイクリングを楽しんでいます。

私が走るあたりは迎賓館赤坂離宮があったり、赤坂御用地があったりで景色も楽しいです。

自転車シェアリングは

・一回150円から借りられる
・電動機付き自転車なので坂道も楽々 
・乗り捨てOK!(拠点であるポートであればどこから乗ってどこで返してもOK)

という素晴らしい取り組み。

最近はポートも増えて便利さがアップ!
欠点といえば、この時期はグリスが固まるのか、サドル(椅子)を下げようとしても下がらないことくらいでしょうか。

早く会社の真ん前にもポートできないかな〜 


髪がモッサリうざかったので…



お昼休みに切ってきました!





毛量が多い&クセが強い髪質のため、手入れを怠っているとえらいことになります。
でも、美容院に行くタイミングって難しいですよね。我が家の場合は、美容院に行ってる間子供どうするんだ問題が大問題だったりします。
週一回ジムに行く時間もらってるので、そのなかでさらに美容院に行くために時間もらうの気はひけるというのもある…

そんなわけで、私は会社の昼休みに美容院でカットしてもらっています。

職場近くの美容院に「ランチカットコース」があります。これだとシャンプーも、カット後のセットもありませんが、昼休憩の時間にカットができるのです。
また、繁華街に美容院構えているだけあって、美容師さんのレベルは高く、施術してもらったあとはスッキリさっぱり。
(後頭部張り出しタイプの頭、強いクセがあってコシの強い髪なので、そのあたりを見極められないと上手く収まらない頭なのです)



美容師さんに伺ったら、元々は忙しいビジネスマン向けに用意してみたコースらしいのですが、蓋を開けたらワーママの利用が多いそうです。

10分カットじゃ味気ない…美容院でガッツリやるには時間ない…には最適なのでありました。




それはこの冬から始まりまして。



朝の通勤電車に乗っていて、電車の扉が閉まると、途端に言いようのない不安に襲われ「ここから出してぇ!!」と叫びたくなるんですよ。
もう、今すぐ降りないと死ぬ!!!くらいの強い不安。
不安だけでなく、心臓の鼓動は痛いほどに早くなり、息苦しく、足も小刻みに震えて力が入らなくなってしまう…という症状もついでに現れます。


いつか本当に叫び出すんじゃないの?



特に、停止信号や混雑の影響などで、駅でないところで電車が停止するともうだめ。
脳内物質がドバドバ出て、穴という穴が開き、自分で自分がコントロール出来なくなりそうな、そんな状態にまでなってしまいます。

また、なんでもない状態だったのに「またあの状態になったらどうしよう」と考え出して、その時点で鼓動が早くなって…と一連の症状が出てしまうこともあります。

もちろん、まったくなんでもなく電車に乗ってる日もあるんですけどね。



     
1コマ目から3コマ目に直行のことも多いです



第二子妊娠中にも一度経験しているので、自分では「ホルモンバランスの乱れ」が原因ではないかと睨んでます。



そんなわけで、自分なりに取ってる対策として
・だめだと思ったらすぐ電車から降りて2-3本やり過ごす。
・やり過ごしても大丈夫なように早めに家を出る
・23時前には布団に入る(睡眠だいじ)
・朝ごはんをしっかり食べて、しっかり出す
・本や動画など別のことに集中する
・快速じゃなくて各駅停車に乗る(中野〜新宿間と新宿〜四ツ谷間がダメでね・・・) 
などを実施するようにしてます。
ダメなときはなにやってもダメですけどねー

電車に乗る前から足が震えて乗り込めないこともあります。

そういうときはきっぱり諦めて遅刻の連絡を会社に入れます。
諦めも肝心ですね。 

あまり遅刻が頻発しないように、早くに家を出たり、頑張れるところは頑張りますが、頑張ろうとすればするほど自分を追い詰めている時もあって、頑張るって難しいです。




このページのトップヘ