飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

フルタイムで働くアラフォーが、母したり妻したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

タグ:おかあさんといっしょ

この週末に娘二人連れて「おかあさんといっしょ」の映画を観に行きました。

FullSizeRender


この映画を選んだ理由は、「久しぶりに映画行こうと思って映画館のスケジュールを見たところ、ちょうどいい時間帯でかつ子供が見られるものがこれくらいだった」ということだったんですが。

映画館に行ってみると、公開が先週金曜にはじまったばかりだったからか、はたまた自分と同じ理由か、ほぼ満席という人気ぶりでした。


映画の構成は?

おにいさん&おねえさんパートと、ガラピコぷーのアニメパート、最後にみんなでブンバボーン!
あんど。まさかの写真撮影タイム。何故…。

FullSizeRender

映画の内容は?

おにいさん&おねえさんパートは、おかあさんといっしょ夏休みスペシャル…のような作り。おねえさんたちが、バスや電車、タイムマシンなど様々な乗り物に乗ります。
6分間の休憩を挟んで、アニメのガラピコぷーです。最後にみんなでブンバボーンをやります。

FullSizeRender
機長さんのブンバボーン!は貴重。

劇場内はどんな雰囲気だった?

最初に大人の方へのお願いが表示されました。子供が騒いでもいいのよ、あたたかく見守って、というような内容だったかと。劇場内は完全に消灯せず、明るかったです。

FullSizeRender
岡っ引スタイルが似合いすぎるよしお兄さん

その他雑感

映画を見るというより、映画館に(大人も子供も)慣れてもらうための映画だったのかな。
後半はぐずりだす子、泣き出す子、動き回る子が多かったですし、最初から最後まで抱っこで見ている子もいましたよ。でも、みんなそんな感じなので、気にせずでOKです。
子供の年齢層は、4歳以下が多かったです。

FullSizeRender
イオの年齢設定が、よくわからなかった。
チョロミーたちと同じくらいなのかな?

わかる人にだけわかってもらえればいい感想

その1:殿が、殿というより兄者(あにじゃ)だった。

FullSizeRender

その2:イオといえば紫雷イオ。

毎月8日ごろになるとドキドキします。
「そろそろ“おかあさんといっしょ”の当選通知がくるんじゃないか?」と。

毎月10日にガッカリします。

「今月も“おかあさんといっしょ”の当選通知がこなかった」と。


長女の時は11回目の応募でようやく当選したので、次女もそう易々とは当たらないだろうと覚悟はしていたのですが、応募回数が残り少なくなると段々と「もしかして当たらないのでは…」と不安になってきます。


実は次女はお宮参りに行っておらず…
このまま「長女はやったけど、次女はやってないこと」が増えてしまうのは避けたい!!のですが、この件については自分の力ではどうにも出来ず…。


FullSizeRender


自分も次女で、「お姉ちゃんはやったのに!!何で私の時は何もしないの?!」を色々経験してるのでね…
同じ思いはさせたくないんだけどね…


どうも、おはこんばんちは。
新しいうたのおにいさんを見てると、「大丈夫かしら」とハラハラしてしまうキョウコさんです。

そんなことを考えてしまうのは色メガネをかけた大人だからで、子供らは新しいうたのおにいさんも大好きです。


ゆういちろうおにいさん扮するシルエット博士も、もうすっかり馴染んだ様子です。





この度、次女が"おかあさんといっしょ"の収録に応募できる年齢になりました。
今回もガンガン応募するぞ〜

仕事でへとへとに疲れた金曜夜。ふとスマホをみるとそこには衝撃の内容が・・・・





うたのおにいさん卒業のニュースは、仕事で疲弊した脳みそにはダメージでかかったです。

って、特に"おかあさんといっしょ"に馴染みがない人には、ほとんど「誰?」状態でしょうし、なんで代替わりするだけでショックを受けるのか謎でしょうに。


母にとって、おかあさんといっしょの出演者は戦友なんです
彼らに対する愛着は半端無いんです!



毎日目にしているから、というのもあるのでしょうが。
NHKの子供番組は、ちょうど母の忙しい時間とかぶるんです。
朝食後の片付けや洗濯、夕食の準備やとりこんだ洗濯物の片付け。
そのクソ忙しい時間帯に、「子どもの相手をする」という最重要ミッションをらくらくとこなしてくれるのが彼らなんです。

また、長いドライブの時など、長女と次女がそろっておとなしく見てくれるのはおかあさんといっしょのDVDです。
(物語のあるものだと次女に難しく、ないものだと長女は退屈なので。どちらも文句言わず見てくれるの)


場合によっちゃ夫より頼りになるんですなんだかんだとお世話になりっぱなしです。
NHKには足をむけて眠れないくらいです。
特に、今回卒業するだいすけおにいさんは、長女が赤ちゃんの時からお世話になっているのでね・・・。


会えなくなるのは寂しい・・・すごく寂しい・・・
だいすけおにいさんの引退と一緒に、おにいさん演じるキャラクター「かぞえてんぐ」も引退ときいてとても寂しいです。



でも!!
これはだいすけおにいさんにとって新たな門出なのでしょう。
舞台に戻るのか、テレビから引退するのか、教育する立場になるのか…。このあとどんな道を選ぶかまだわかりませんが、どんな道を選んでもキョウコさんは横山だいすけさんを応援します。


 
引退前に、生かぞえてんぐに会えたこと、収録に参加できたこと、心に刻んでおきます。

このページのトップヘ