飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

フルタイムで働くアラフォーが、母したり妻したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

タグ:イヤイヤ期

絶賛イヤイヤ期の次女ですが、同時に絶賛パパ大好き!期でもあります。

image



夫が家にいる時は夫にベッタリ。
ご飯の時などは夫の隣の席をキープし、うざいカップルよろしく肩を寄せて密着しています。お風呂もパパでないとダメ。パパが一人でお風呂に入っていると、風呂場のドアをあけて入浴中のパパを観察するというストーカーっぷり。
そんな状態なので、パパがトイレにでも入ろうものなら「私の何がいけなかったの?!」とばかりに泣き叫んでいます。
image

 



あと10年もすれば「パパの後のお風呂には入りたくない」とか「パパのものと一緒に洗濯しないで」とか言い出すかもしれないので 、満喫しとけよと思うのであります。



 

I Can't Stop The Loneliness ど〜ぉしてなぁ〜の イヤイヤが〜と〜ま〜ら〜な〜い 〜〜♪


という歌でもうたってないとやっていけないくらい、次女のイヤイヤが佳境に入ってまいりました。


いやー。長女の時に比べると次女のイヤイヤは穏やかだなぁ、と思っていたんですが、違いました。まだ序の口なだけでした。
また、イヤイヤの仕方(イヤイヤ発火ポイント、こだわる点など)が長女と次女では異なり、今まで次女の育児を楽にしてくれていた「一回経験しているから対処は心得たもんですよ」が発動しません


先日も保育園からの帰りに「スタートの仕方が悪い」という理由で、すでに半分の行程をすぎていたのに保育園まで戻らされました。
(ええ、イヤイヤポイントが判明するまで泣き叫んでました。はい、閑静な住宅街で)


長女の時は一度火がついちゃうと五体投地で抵抗するという点では大変でしたけど、発火ポイントが「公園から帰りたくない」とか、すごく分かりやすかったんですよね。 


次女は謎。 

長女と二人で「今日はなんだー」と言いながらイヤイヤポイントを探ってます。


今次女はイヤイヤ期ってメタルロックバンドのヴォーカルなんですよきっと。元ネタ→「むすメモ!
これはもう「IYA!IYA!KI!!」Tシャツを着るしかないな。





そんなわけで次女がボーカルで私と長女がスタッフ。この"スタッフ"ってのが大事。






image




商店街をお散歩していたら、横断歩道の真ん中でイヤイヤ炸裂している2歳位の子がいたんですよね。
その様子をみながら、何気なく「ハルカみたいだね〜」と口走ったところ、長女から猛抗議が・・・ 


長女はイヤイヤが激しくて一旦イヤ!となったら道路だろうと店内だろうと、寝っ転がって手足をバタバタさせてのイヤイヤでして・・・・
ホント大変だったんですよ。
どうしてもそのイメージがあるので、イヤイヤしている他所様の子をみると、ついつい「長女みたいだ」と言ってしまうのですが、長女としては「もう私そんな赤ちゃんなことしてないもん!!」ということだったようです。

「いつまでそのネタでひっぱるんだよ」みたいな。

ごめんよ。長女的にはすごく昔の事なんだろうけど、お母さん的にはついこの前なんだよ・・・


 

次女の今のお気に入りワードは「うーたいよ(うるさいよ)」で、
人が喋っていると必ずかぶせてきます。


     

そういえば今イヤイヤ期っぽいんですが、これもイヤイヤの一種なんでしょうかね。


この世の全てが俺のノイズ。


とてもロックなイヤイヤです。

次女が微妙にイヤイヤ期に入りました。

何を聞いてもイヤーで、ズボンも靴下も靴も自分ではくもん!
お手伝いしないで!のイヤーも出てきました。



でも、長女の時に比べたら可愛いものなので、あたたかく見守れています。


長女はイヤイヤが激しく、一度イヤと言い出すと、屋内だろうが外だろうが
地面に転がってバタバタしながらキーキー泣いて
イヤイヤをするタイプでした。


当時、ようやく産後うつの症状が出なくなりつつあったところでしたが、
それでも精神的に結構こたえました。
転げまわる長女を見ながら途方に暮れていたのを覚えています。

次女は地面に転がったりすることはなく…
イヤイヤ期は一時のものだし!と思い出写真を撮ったりして楽しんでいます。


長女の時に精神的に鍛えられたおかげです。



あと、長女と次女のイヤイヤで確実に違うなーと思ったのが、
次女はイヤイヤをする相手が多い、ということです。

夫も長女の時に比べると格段に育児に関わってくれていますし、
長女が"お世話したいちゃん"なので次女をかまう。
結果、次女はイヤイヤをする相手が3人もいるので、私に対するイヤイヤが
薄まっているのかなーと、思うのであります。


このページのトップヘ