飼い主に手を噛まれたよ! 2nd season

フルタイムで働くアラフォーが、母したり妻したり海外ドラマ見てる絵日記ブログ。

タグ:不安障害

ーー前回までの話ーー
娘たちの大好きな「魔法戦士マジマジョピュアーズ」のCDリリースイベントを、いい位置で見るために、イベント開始6時間前から場所取りをしたよ。

ーーーーーーーーーーーーー

さて、イベントの感想ですが
ららぽーと立川で大きなイベントはやめたほうがいいよ
と思いました。



イベント広場が狭い
イベントの4時間前、10時にはすでに一般観覧席は場所取り勢でいっぱいで、人員整理の人がいるものの、会場のある広場はぎゅうぎゅう状態に。容量に対してキャパが明らかに不足しています。

イベント広場の場所が悪い
このイベント広場は場所が悪く、モノレールの立飛駅から直接ららぽーとに入れる入り口の動線上にあります。モノレールの駅から普通に買い物に来た人が、イベントに集まった人たちで身動きが取れない状態になってしまいます。この日は三連休だったこともあり、通常よりも人が多かったところにこのイベントで、駅からの動線が塞がれていました。客同士でトラブルにもなっていたようなので、いっそ通行止めにしてしまうのも一つの手段かと思います。


また、音が拡散してしまうのか、スタッフが拡声器を使って何か喋っていても全然聞こえませんでした。
イベントに集まった大人数が、スタッフの指示よりも”周りの人”に合わせて動いてしまうことも。スタッフは「とまって!」と言っているのに、指示に反して一斉に前に動き出す現象も起こっていました。これはちょっと怖かったです。

イベント開始直前は日がさして気温があがり、また、たくさん集まった人の気にあてられてしまったのか、具合が悪くなる子も多々・・・・。

各言う私も朝からの寒暖差および人の多さなどで開始前にはすっかりヘトヘトに・・・。
開始直前に子供らの付き添いを母(ばーば)と変わってもらいました。

ではここでイベント開始直前の会場の様子を見てみましょう。

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender


みっちり!大人気ですね!!!



なお、これだけ人が密着した状態&開始時間になってもなかなか始まらないで、いたるところで大人同士の小競り合いが起きたり、倒れている子、吐いている子などもいました・・・。

完全にカオス!!!

いつ集団ヒステリーが起こってもおかしくない状況で、正直怖かったです。
イベント自体は30分程度で、子どもたちはとても喜んでくれたのですが、親の感想としては「しんどい」しか残らないイベントとなりました。

30分のためにかけた労力の大きさよ・・・。




前回
と書きましたが、ご存知の通り今年の夏は連日の猛暑です。


そんなわけで、歩いてる時の格好はこんな感じ。

FullSizeRender


水筒を持参してますが、歩き出す前の水分補給で空になります。なので途中で水をもう一本買って、歩いてる最中の水分補給にしてます。駅の自販機は高確率で水やポカリ系が売り切れているので、あてにしてはいけません。

汗っかきなので、リュックの中にはタオルと着替えを完備。

歩いてみてわかったことは、暑くても風があるといくらかマシ、湿度高いと気温が28度でもきつい、という実感です。湿度危険。

何もこんな時に歩かなくても…と思うのですが…

FullSizeRender

まぁ、しばらくはこんな体と付き合っていきます。




度々ネタにしてますが、朝の通勤電車に乗れません。 

その辺りの話しはこちら

対策として、各駅停車に乗る、地下鉄二駅分はシェアサイクルを利用するなどして乗り切っていました。

その辺りの話しはこちら
 
年始ごろからは運動不足解消を兼ねて地下鉄二駅分を歩くようにしています。時間にして25分くらい。
歩数は、1万歩まではいかないけれど、5000歩は超えるので、運動する時間が取れない身としてはいい運動になっています。

歩いていると、電車や自転車では気づくことさえなかったものを、目にすることができるようになりました。

不器用なカラス夫婦が首都高の橋げたに巣を作ろうと苦心するも、あたりに小枝が散乱するだけでうまくいかず、やっとできたと思ったら業者がきて撤去されたり。

アスファルトの隙間から顔を出したひまわりのような植物が、ぐんぐん成長してついに私の背を超え、草っぽかったのが木っぽくなり…ってこれ桐か!となったり。

ニホンミツバチが水を飲みに来る、ビルの谷間にある謎の穴を見つけたり。

ビルの壁が顔にしか見えなかったり。

IMG_8101





IMG_8100




IMG_8099
こんな感じの顔をかたどった顔文字が
あった気がする


そこそこ楽しんでおります。








朝の通勤電車に乗れません。

電車の扉が閉まると、途端に言いようのない不安に襲われ、心臓の鼓動が痛いほどに早くなり、息苦しく、足も小刻みに震えて力が入らなくなってしまう…という症状が現れます。

去年の記事
朝の通勤電車がつらい。

それでも中央線は各駅停車に乗ることで、なんとか通勤できています。各駅は快速電車みたいに「駅と駅の間で5分以上停まる」とかがないので、不安症状も出にくいのです。
そのかわり最近「不安症状がでるかも」と気になって乗れなくなってしまったのが、地下鉄です。
四ツ谷から赤坂見附間が意外と停車するんですよね。。。そして窓の外の景色が真っ暗なせいか、余計に不安感がアップ。

そんなわけで、最近は地下鉄に乗らずに自転車に乗っています



ドコモと港区が共同で行っている「港区自転車シェアリング」で自転車を借りて、職場近くのポートまで、毎朝10分ほどのサイクリングを楽しんでいます。

私が走るあたりは迎賓館赤坂離宮があったり、赤坂御用地があったりで景色も楽しいです。

自転車シェアリングは

・一回150円から借りられる
・電動機付き自転車なので坂道も楽々 
・乗り捨てOK!(拠点であるポートであればどこから乗ってどこで返してもOK)

という素晴らしい取り組み。

最近はポートも増えて便利さがアップ!
欠点といえば、この時期はグリスが固まるのか、サドル(椅子)を下げようとしても下がらないことくらいでしょうか。

早く会社の真ん前にもポートできないかな〜 


それはこの冬から始まりまして。



朝の通勤電車に乗っていて、電車の扉が閉まると、途端に言いようのない不安に襲われ「ここから出してぇ!!」と叫びたくなるんですよ。
もう、今すぐ降りないと死ぬ!!!くらいの強い不安。
不安だけでなく、心臓の鼓動は痛いほどに早くなり、息苦しく、足も小刻みに震えて力が入らなくなってしまう…という症状もついでに現れます。


いつか本当に叫び出すんじゃないの?



特に、停止信号や混雑の影響などで、駅でないところで電車が停止するともうだめ。
脳内物質がドバドバ出て、穴という穴が開き、自分で自分がコントロール出来なくなりそうな、そんな状態にまでなってしまいます。

また、なんでもない状態だったのに「またあの状態になったらどうしよう」と考え出して、その時点で鼓動が早くなって…と一連の症状が出てしまうこともあります。

もちろん、まったくなんでもなく電車に乗ってる日もあるんですけどね。



     
1コマ目から3コマ目に直行のことも多いです



第二子妊娠中にも一度経験しているので、自分では「ホルモンバランスの乱れ」が原因ではないかと睨んでます。



そんなわけで、自分なりに取ってる対策として
・だめだと思ったらすぐ電車から降りて2-3本やり過ごす。
・やり過ごしても大丈夫なように早めに家を出る
・23時前には布団に入る(睡眠だいじ)
・朝ごはんをしっかり食べて、しっかり出す
・本や動画など別のことに集中する
・快速じゃなくて各駅停車に乗る(中野〜新宿間と新宿〜四ツ谷間がダメでね・・・) 
などを実施するようにしてます。
ダメなときはなにやってもダメですけどねー

電車に乗る前から足が震えて乗り込めないこともあります。

そういうときはきっぱり諦めて遅刻の連絡を会社に入れます。
諦めも肝心ですね。 

あまり遅刻が頻発しないように、早くに家を出たり、頑張れるところは頑張りますが、頑張ろうとすればするほど自分を追い詰めている時もあって、頑張るって難しいです。




このページのトップヘ